「ねこすぎ店」を終えて

「ねこすぎ店」—谷根千に9人のねこ好き作家が大集合!!

ねこすぎ幟千駄木空間「ねこすぎ店」が2015年11月18日~23日に開催されました。
「ねこすぎ」とは、今年(2015年)の1月、武蔵小杉中原市民ギャラリーで行ったメンバー9人のグループ展で、ねこ好きが+武蔵小杉に集まったので=「ねこすぎ」になりました(“ねこ好きすぎ”ともとれますね)。

1月の展覧会では展示のみだったので、販売を希望する声をたくさんいただきました。そんな声も後押しして、「また年内に今度は展示即売でグループ展をしたい!!」とみんなの意見が一致し、場所は千駄木と決めました。販売するならいっそ「ねこすぎ店」でお店にしちゃおう!!と11月を目標に、「ねこすぎ店」の準備が着々と進められていきました。
ねこすぎエプロンそして中村陽子さんが描くネコの絵をシンボルに、作家みんなでお揃いのエプロンも作り、幟(のぼり)も吊るし、お店感タップリの 千駄木空間「ねこすぎ店」が出来上がりました。
9人の作品が狭いオシャレな空間にひしめき合って、どれから見よう。と迷っちゃうくらいそれぞれの個性がでていました。

お客様に「このお店は、いつから始まったの?」と尋ねられ、「期間限定の展示即売会なんですよ」とお伝えするとちょっと残念そう・・・。今度、ゆっくり立ち寄りたいと思った方もいて、ホントにお店と勘違いされていました。

ねこすぎ2谷根千(やねせん)は、ネコ散策はもちろんですが、何か楽しいものを見つける散歩をされている方も多く、その中で「ねこすぎ店」を見つけて、何だろう!と期待感タップリで立ち寄ってくださる方もしばしば。
そして驚いたのは、ネコ情報を集めるイベント会社の方や、出版関係の方も谷根千散策していること。仕事に繋がるお話もいただきました。さすがネコの街! 皆さん、何か「 楽しい」を求めてやってくる。そんな空間に私たち9人の作品が見事にに皆さんの「楽しい」をキャッチした感じを覚えた、千駄木空間での「ねこすぎ店」でした。

ネコの好きな方もそうでもない方でも、ネコの話はとても楽しく、作品を通して、またそこにネコの話題と、ネコの作品がこれほどまでに皆さんの心を癒しているんだな~と改めて思い、ネコのパワーを知りました。

こうして、6日間はあっという間に過ぎ、皆さんに応援していただきながら、作家の私たちも楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。・・・ネコちゃんたちにも感謝!!
(レポート いなのべいくこ)

出展作家は以下の9人でした。
①中村陽子(イラストレーター) ブログ:atelier nakamura
②じんのよチコ(デザイナー) ブログ:猫宙
③タキクミコ(イラストレーター)
④近藤直子(写真家) ブログ:NK-NeKo
⑤石居典子(イラストレーター) ブログ:かいなんぷう
⑥ナゴミ(イラストレーター) ブログ:ナゴミ・レコード マルチナゴミン+
⑦新井まゆみ(石絵師)
⑧azumi(イラストレーター) ブログ:azumi
⑨いなのべいくこ(イラストレーター) ブログ:いい日だね!

1 / 11