「もんもとうるるんGreenSide~みどりの逆襲」レポート&バーチャル展覧会

2017年10月2日(月)~11日(水)に、世田谷区の千歳烏山で開催した「もんもとうるるんGreenside~みどりの逆襲」の展覧会はおかげさまで無事終了することができました。
期間中のお天気もよかったこともあり、たくさんの方にきていただきました。
カフェ目的の常連さんもいらしたので、新たな出会いもあり、おいしいランチやお茶をしながらゆっくりおしゃべりも楽しめました。
ありがとうございました!

そして、その感動を再度思い出し、レイアウト図面を使い、バーチャルで見られるようにナークツインのホームページ上に設置いたしました(PC対応 「もんもとうるるんGreenSide~みどりの逆襲」バーチャル展覧会2017)。

お越しいただけなかった方にも、会場と同じ用にミッションを楽しんでいただけたら幸いです。
ぜひご覧ください。
(ナークツイン 荻原慶子&さとうみえ)


バーチャル展覧会はこちらから →「もんもとうるるんGreenSide~みどりの逆襲」バーチャル展覧会2017

1 / 11

ナークツイン について

ナークツイン:荻原慶子とさとうみえのイラストレーターグループ名。荻原慶子:女子美術短期大学造形科卒業後、企業の開発部デザイン課でデザイナーとして勤務。さとうみえ:トキワ松学園横浜美術短期大学(現・横浜美術大学)造形美術科卒業後、企業にデザイナーとして入社したがなぜか総務部に配属。1990年フリーのイラストレーターとして活動。二人は、高校の同級生です。荻原が企業で、さとうがフリーのイラストレーターとして活動している時に、荻原の仕事の依頼をさとうが受けて、それ以来一緒に仕事をするようになりました。 1992年、二人でデザインルームナークツイン設立。イラスト・デザインの仕事を始める。主に出版関係の実用書の装丁・レイアウトデザイン・本文図版やイラストをてがける。地球にやさしいデザインを心がけています。 2015年10月に世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー内区民ギャラリーで展覧会「もんもとうるるん ~Episode43~」を開催。HP:もんも通信