「ナイト列車 ドリーム号」~アーシャの力(2/8)

文・泉あおり  

「なにか、対策をしないとねぇ」
学校の帰り道、ともに帰宅部のたか子は、まるで自分の悩みのように考えてくれた。
「最近、ペースが速いんだよね」
「1週間で3回だもんねえ。レン子、その力が目覚めたのって、たしか去年だったよね?」
「うん。でも前は、月に1回あるかだったし」
「まさに、女子ならではだねぇ」
「もー、やめてよぉ」
いたずらっぽく笑うたか子に、レン子はぷっと口をふくらませた。

「でも、付き合ってくれてありがと。ホントはたか子、吹奏楽部に入りたかったのに」
「あ、いいのいいの。どうせあたし、集団行動苦手だし。なんなら高校デビューで、軽音楽部もありかなって」

去年の秋、まわりが部活動にはげむ姿を見て、たか子はレン子を吹奏楽部の体験入部に誘ってくれた。
入部する気はなかったが、初めてフルートを手にすると、なぜか心はワクワクした。
けれど、演奏に加わわると、また千里眼が目覚めてしまったのだ。
自分はいいからと、入部をあきらめると、たか子もいっしょに帰宅部になってくれた。

「よし!」
きゅうに、たか子がショッピングモールの入り口で、ピタリと足を止めた。
「人はさ、ヒーローにお金を出すのよね。ほら、見てよこの映画の数!」
たか子が興味深々な目で、壁に貼られたアメリカンヒーローのポスターを見つめている。

「だから、千里眼を認めちゃうの。で、レン子は、若くして人類のヒーローになる!」
自分で言って、たか子は吹きだした。
「もぉ、やめてってばぁ」
「だめぇ?」
レン子が、怒った顔で首をふる。
「ちぇ。お金もうけ、できそうだったのに」
「とにかく、こんなのがずっとつづいたら、頭がおかしくなっちゃうよぉ」

2 / 212

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員