「ナイト列車 ドリーム号」~アーシャの力(3/8)

文・泉あおり  

レン子はそれを、恐る恐るつまみあげた。
どう見ても、それは電車の切符だった。
「え、ど、どうしてっ」
スマホをだし、液晶の光で、もういちどたしかめてみる。

「切符だ。えっと、乗客のみなさま? この切符を持って、寝てください? 10月13日、へぇぇ、しかも今日の、日付だぁ」
前の席の人が、ふりかえった。
あわててスマホの電源を落とす。

レン子は、ちょっとしたパニックだった。
(ポップコーンに、切符? なぜ!)
ふぅ、と意識して、ひと呼吸つく。
(切符を持って、寝る? なんでっ!)
どういうわけか、心臓がドキドキしている。

ためしに、にぎった切符を胸に押しつけた。
(気味が悪いけど、でも、気になるなぁ)
たか子は、隣でぐっすりと眠っている。
(起こしたら、怒るだろうし・・・。うーん。まあ、きっと寝れないとは、思うけどね)

迷ったあげく、レン子はイスに深くもたれた。
劇場内は、破壊音や叫び声やらが飛びかっている。けれど、不思議とあくびがでた。
(なんだか、寝れそうだぁ、ハーア)

2 / 212

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員