「ナイト列車 ドリーム号」~ゲームマスター(4/8)

文・泉あおり  

レールを走る電車の音にヒロキは目を開けた。
辺りにはピンクのモヤがたちこめていて、やがて強い光がそれを貫き、ヒロキの顔を照らし始めたのだった。

ガタゴト、ガタゴト、キイィッ。
「え、一両編成の、紺色の蒸気機関車?」
「おい、早く乗れ! 遅れてるんだよっ」
と、あぜんと立ちつくすヒロキに向かって、突然開いた窓から帽子をかぶった男が顔を出し、あせった口調で声をかけてきたのだ。

「早くしろ!」
「あ、はい!」
ヒロキは訳もわからず汽車に走り寄った。
そうして車体のハシゴに足をかけ、慎重に登っていって運転室のドアを開けた。
「出発するぞ、隣に座ってくれ!」
同じ年ぐらいの男子が、隣のイスを指さしている。ヒロキは、いそいで滑り込んだ。
「ドリーム号、発車オーライ!」

1 / 41234

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員