いったいだれの歯?(5/7)

文・夏美  

ブチがつれてきてくれたのは、町のはずれにある外国のおやしきのような家でした。
ぴょんぴょんと木に飛び乗り、二階の窓のそばのえだで止まりました。
そしてしゃれた形の窓のわくに手をかけ、ガラスの向こうをじっと見つめ、そして中に向かって手まねきしました。だれかをよんでいるようです。

またぴょんぴょんと木をつたい、フミヤのそばにもどってきました。
わけがわからずじっとしていると、しばらくしてげんかんから同じくらいの年の男の子が一人とびだしてきました。
ブチがその子を見て言いました。
「こいつが歯をもっていったんだ」
男の子は大きな目でフミヤを見つめました。

1 / 212

夏美 について

大阪出身。童話やミステリーが好きで、少年探偵団や少女探偵ナンシーで育ちました。自分もそんな感じの、子供がワクワクできるようなミステリーやサスペンスを書けたらいいなあと思っています。ようやく落ち着いてパソコンに向えるようになった主婦です。尊敬する人はグラン・マ・モーゼスです。