おれと天使(4/6)

文・泉あおり  

どっピュウー。
教室のまどからほうりだされたヨースケは、たこあげのように大空に高くまいあがっていった。
「ひ、ひいぃ。た、たすけてっ」
だが、いくらさけんでも、もう神の声は聞こえてはこなかった。
小学校のたてものが、どんどんヨースケから遠ざかっていく。
そして本体の自分はもう、米つぶのように小さくなっていた。
「ヨースケっ」
そのとき、空をただようヨースケのシャツを、小さな手がギュッとつかんできたのだ。

「な、おれをつかむのは、だれだっ」
Tシャツをつかまれて、ヨースケはあわててふりかえった。
「ぽ、ポポっ。天使ポポじゃねえか!」
「ポポポポポぉー」
なんと天使ポポが、大空をまうヨースケをキャッチしたのだ。
小さな羽をパタパタさせて、天使ポポはいまにも飛びさっていきそうなヨースケを、ひっしでつかまえていた。

「お、おい! とにかく、ぜってーはなすなよ」
「わ、わかってるっポ。ライフコードは大切だって、あれだけ言ったのにっポ」
「わ、悪かったって。で、これからどうすりゃ、おれは本体にもどれるんだ?」
天使ポポがつかむヨースケは、まるで空にまうこいのぼりだった。
「とにかく、良いことをするっポ。ヨースケが生きかえるほうほうは、だれかの役にたつしかないっポ」
「や、役にたつだって? そんなの、やったことがねえ・・・うーん、なにをすりゃいいのか、さっぱりだ」
「ポポポっ、もうダメっポ」
天使ポポの手は、プルプルふるえ出していた。

1 / 3123

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員