おれと天使(5/6)

文・泉あおり  

キラキラキラっ、パッ!
「あ、消えちまった」
天国のとびらをくぐったミーちゃんは、ヨースケのつかんだスズをのこして、とうとう天国に旅だっていった。
天国のとびらのおかげで、あたりはキラキラとかがやいていた。
「いっちまったな」
「まぶしいっポ」

バチバチっ
そのとき、天国からふりそそいだ光が、となりの地獄のとびらに入っていったのだ。
バチバチバチっ!
地獄のとびらで、火花がはげしく飛びちっていく。
バチバチバチバチイイイィィッ!
「うっひゃあ!」
そして、ついにとびらが大ばくをおこした。

「天国と地獄のとびらが、きれいさっぱり消えちまったぜ」
「なんだか・・・イヤなよかんがするっポ」
びゅうううううっ
「なんだなんだ、体に重りをくっつけたみてえだっ」
こんどは、ものすごい重力が、ヨースケたちの体を地上にひっぱりはじめたのだ。

「地獄のとびらが消えたから、つぎは地面に引っ張られてるっポー」
「うわあああっ、まっ逆さまだー」
天使ポポは、ヨースケのシャツをつかんで、ひっしに羽をばたつかせた。
「ほら、飛べっ! じゃないと、地面にげきとつだあっ」
びゅううううううううっ!
けれど、そんなていこうもむなしく、ふたりはとっ風にあおられてしまった。
「ぎゃああっ」
「もうこれで、さいごにしてほしいっポーーー」
そうしてふたりは、打ちあげに失敗したロケットのように、もとにいた小学校にむかって落っこちていった。

4 / 41234

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。