こおにの あまぶえ(4/4)

文と絵・みろかあり

「やっと、あめの だいじさが わかったな」
いつのまにか こおにが すがたを あらわしました。
「ごめんなさい、わたし しらなかったの 。 あめが こんなにも だいじだったなんて・・・」
ありちゃんは ほおの なみだを ぬぐいました。

こおには ありちゃんの かおを みつめました。
そして、ありちゃんの てから あまぶえを うけとると すぅと ふきだしました。
ピィー、ピィー、ピィ~~
こおにの あまぶえは たからかに なりました。

ゴロゴロ ゴロゴロ ゴロロロ~~
こおにの あまぶえを まっていたかの ように あまぐもと かみなりが やってきました。

パラパラパラリ・・・やさしいあめが ふってきました。

1 / 41234

みろか あり について

東京都出身。アニメ会社や、子供向け漫画などに携わっておりましたが、体調を崩し、断念★ 現在、絵本作家を目指して、きむらゆういち先生主催の「ゆうゆう絵本通信講座」にて、勉強中です。 ブログとHPやっております。遊びに来てください。 ブログ: みろかありのブログ HP:みろかありのページ