ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(10/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

穴があったら、入りたい。
けれど、ないから、なるべく、顔を伏せ、視線を合わせないようにして、ソース焼きそばを食べる。
甘くて香ばしい匂いがする。
おいしいソース焼きそばだ。
インスタントで、具はなにも入ってないけど、それ故に、パラパラとふりかけられた青のりの風味が活きてる。
それに、まあ、ちょっと固めの麺がなんとも、なんて現実逃避している場合じゃない。

「あの、」呆れてますよね?
「なに?」
「焼きそば、おいしいです」じゃないだろ?
「焼きそば、初めて作った」
「とっても、おいしいです」じゃないって!
「もうひとつ、作ろうか?」
「はい! お願いします!」だーかーらー!

2 / 3123

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。