ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(12/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

ふとんに入り、ちょっと、泣いた。

今日の夜も見られるよ。
今日の夜も見られるよ。
今日の夜も見られるよ。

賢作さんは言ったけど、今日の夜、流れる星は、一緒には見られない。
だって、今日は、『魂送り』の日。
送りたくはないけれど、送る。
賢作さんを、彼の岸へ。
なら、せめて、今日は、それまで一緒にいたい。
いさせてもらえるならば、だけど。
そんなこと思いながら、うええーんと、泣いた。

6 / 6« 先頭23456

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。