ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(13/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

今日も、ウミネコが飛んでいる。
でも、海と波けしブロックの間に、チョウコはいない。
策作じいさんとチョウコ、戯れていたのは、あの辺だよな・・・。
そして、チョウコが泣いているように見えたのも、あの辺だったなと、目をやると、キラキラン!なにかが光った。

「あれは?」策作じいさんに問うと、
「そうや!」じいさんが、走り出す。
「キツツキ!」
「佐熊山策作さん!」

あたしたちは、お宝をゲットした。
お宝は、あの辺に、2個、ころんと転がっていた。
まるで、チョウコからのプレゼントのように。

『チョウコの涙』
あたしは、それに名前をつけた。

3 / 3123

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。