ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(4/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

「さあ、そうと決まったら、さっそく行こか」
「はい、どこへ?」
「海に決まってるやないか」
「決まってたの、ですか?」
なんて、策作じいさん主導の会話の途中、その白い影は、廊下に現れた。
玄関の方から台所の方へ、移動していく。

ちょっと離れていたから、ぼんやり見えただけだけど。
変わった帽子はかぶっていなかったけど。
笑顔でもなかったようだけど。
あたしは、すぐにわかった。

彼だ!
引き締まった頬の線、しなやかそうな身のこなし、その上、長身で、細身で・・・。
あたしの口は、
「おまえ、キツツキ、口、ぽっかんと開いてるで」
状態だった、らしい。

「あ、あ、あ・・・」台所を指さす。
「スイカおかわりしたいんか?」
「はいっ! いえ、」
「どっちや? スイカ、食べるんか、食べんのか、それとも、水分補給に持っていくんか」
「・・・じゃ水分補給に、って、いえ、そうじゃなくて、台所の方へ、あの人が・・・」
「あの人って、どの人や?」
「しゃ、写真の人、佐熊山策作さんのお兄さんです! あたし、確認してきます!」

2 / 41234

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。