ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(6/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

「さあ、行くぞ!」
と、気合を入れた時だった。
「わっ!」
背中に走る衝撃に、体がのめった。
なにが、起こった?
ふり向くと、人が、しゃがみこんでいる。
「どうしました?」
あたしの背中に倒れこんできた人は、ぐったりとして動かない。
かなり年配の方なのか、短く刈られた髪は、真っ白だ。

「大丈夫、ですか?」呼びかけると、
「み、み、水」と、か細い声が言う。
「み、水、ですね」どうしようと、策作じいさんの姿をさがす。
が、見当たらない。
もう、肝心な時に、どこ行っちゃったんだと、怒っている暇もないから、飲みかけの水を差し出すと、
「んぐんぐんぐんぐ」
その人は、一気に飲んだ。
「どうぞ」
塩アメも、差し出してみる。

その人は、バリバリとかみ砕いた。
かなり、元気をとりもどしている。
「ふーっ、生き返った!」
もの凄い回復力だと、感心しつつ、よくよく見れば、あれっ、この人・・・。
策作じいさんの同級生で、去年、この世を去ったという、自転車屋のじいさんだ!
腕に、ぶわっと、鳥肌が立つ。

3 / 512345

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。