ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(7/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

いつの間に戯れるのをやめたのか、策作じいさんと白猫は向かい合っている。
白猫が座ると、じいさんもしゃがむ。
白猫は、なにか語りかけている。ように見える。

バックには、青い海と白い波。
水面高く低く行く、ウミネコ。
真っ青な空、BGMは波の音。

白と青の世界の中で、彼らは一人と一匹ではなくて、二人って感じがする。
しばらくすると、白猫はじいさんの膝に前足をかけた。
首を伸ばして、自分の鼻先を、じいさんの鼻にちょんっとくっつける。
そして、前足を膝から外し、じいさんに背を向けた。

「チョウコ」
じいさんに呼ばれ、白猫の足が止る。
「なーん」
「ほうか、行くか」
声をかけられても、白猫はふり返らない。
けれど、
「なーん」
と鳴いたその時に、きらんと瞳が輝いた。

泣いてるみたいだ。
と思ったとたん、白猫は、海に向かって走り出す。

波を蹴り、白い鳥のように空に昇っていって、やがて、見えなくなった。
それでも、策作じいさんは、見えなくなった白い点を追うように、空を見上げている。

3 / 512345

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。