ぜんぜん不思議じゃなかった3日間(7/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

波打ち際から、策作じいさんがもどる。
「今日はもう帰ろか」
「でも、」
ポケットの中、さっきもらったヒスイを探り、あのこれ、どうぞ、と取り出す前に策作じいさんは踵を返す。
「あのな」
「はい」
「さっきの猫、キツツキには見えたか?」
「はい。あの子、チョウコっていうんですね」
「ほうや。チョウコはな・・・」
帰る道すがら、じいさんは話してくれた。

チョウコは、戦闘機乗りのお兄さんが、亡くなったと報せが来た年、庭に迷い込んできたそうな。
「生まれて、1、2か月ほどの小さい猫やった」
人なつっこい性格で、すぐに家族になつき、
「あっち行き、こっち行き、身軽に動きまわる様子が、蝶々が花から花へ飛び回るみたいやったから、」
チョウコという名をもらい、佐熊山家の猫になったということだ。

4 / 512345

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。