ふわり たまさぶろう

文・季巳明代   絵・もも りこ

とうげの むらに、たびの ネコが やってきた。
あしの むくまま きのむくまま、むらから むらへの ふうらいぼうだ。
そのなも「ふわり たまさぶろう」

たまさぶろうは、ながい あいだ やまに こもって しゅぎょうを つんで いたが、やっと ネコがみさまの おゆるしが でて たびに でる ことに なったのだ。

1 / 612345最後 »

季巳明代(きみ あきよ) について

鹿児島県出水市在住 保育士時代に公募にはまり、幼年童話作家をめざす。 毎日童話新人賞優秀賞、新美南吉童話賞特別賞、など受賞多数。 作品に『てんぷら母ちゃん』(家族っていいね3・4年生収録/日本児童文芸家協会編/PHP研究所)』 『ウドちゃんとチョロくん』(ぼくたちの勇気)収録/編著/漆原智良/国土社)』 『よっていっきゃんせ!』(児童文芸収録/日本児童文芸家協会編)』 単著に『ひげなしネコ』『じゅんばんこ!』『四年変組』『りほちゃんのめざし』(以上フレーベル館)、『ひっこしはバスにのって』(銀の鈴社)。キンダーブック2に、『にんにんにんじゃえん どろろんぐみ』を連載中。(いずれもフレーベル館

もも りこ について

1981年生まれ、崇城大学芸術学科彫刻部卒業。 学んだ彫刻の技術を活かし、いろいろなことに挑戦中。