ぼくたち エージェント!③~サンタクロースはいないのか?(4/6)

文・ひなたのんき  

クリスマスイブの夜になった。
「ママ~」
つよしが、居間のソファから、ママをよぶ。さくせん、かいしだ。
「どうしたの?」
ママが、つよしのところに行った。
よし。
ぼくは、こっそり、キッチンに入った。

エージェント3④インスタントコーヒーインスタントコーヒーのビンは、たなの中だ。
そうっとイスをもっていって、たなをあける。ビンは、すぐ目のまえにあった。
ビンをもってイスからおりた。
こっそりコーヒーをいれて、子ども部屋にもっていけば、さくせんは、せいこうだ。
ぼくは、ふたに、手をかけた。
う~ん・・・
う~~ん・・・・・・
あかない。
ぼくは、ビンを一回おいて、はぁはぁする。
すごく、かたい。コーヒーのフタって、こんなにかたいんだ・・・。
めいっぱい力を入れてるのに、ぜんぜんあかない。
くっ。もう一回だ。
ぼくは、うでと体でビンをはさんで、手でフタをもって、もう一回、う~んと力をこめた。
う~ん、う~ん、う~~~~ん・・・・・・

カパコカコッ!
ゴトンッ!
「あっ・・・」
しまった・・・。
いきおいよくフタがあいて、ビンがゆかにおちた。
「たかし? どうしたの?」
ママが、こっちにくる。ぼくは、いそいで、ビンをひろった。
なかみが、こぼれてる。

1 / 3123

ひなたのんき について

東京都出身です。空と、水のある景色と、物語の世界が大好きです。 絵は描けないけど絵本が描きたいので、絵本の文章を編集さんに見てもらったりしています。 好きな絵本作家は、かがくいひろしさん、長谷川義史さん。 好きな童話は、寺村輝夫さんの「ぞうのたまごのたまごやき」、「こまったさんのオムレツ」。 好きな物語の出だしは、安房直子さん作「きつねの夕食会」の「新しいコーヒーセットを買ったので、きつねの女の子は、お客をよんでみたくてたまりませんでした」。 こんな風に人に衝撃を走らせる一文を、自分もかきたいと思います。