ぼくたち エージェント!2~チョコレートをダッカイせよ(3/4)

文・ひなたのんき  

「いーけないんだ、いけないんだ! テツヤが、つよしからチョコレートとった!」
ぼくは、パッと姿を表して、どなってやった。
チョコレートの包みを開けようとしていたテツヤが、びくっとしてこっちを見た。

「テツヤのママにいいつけてやる! おばさ~~ん! テツヤが、つよしからチョコレートとったーーー! 手にもってるよーーー!」
ぼくは、さけびながら、マンションの表に向かって走り出した。
「ま、まて、おまえ!」
テツヤがあわてて追ってこようとする。

あいつめ、チョコレートを持ったままじゃないか。
ショウコインメツしてくれなきゃ、こまる。
「おばさん、みてーー! テツヤがチョコレートつよしからとったーーー! 手に、持もってるよーーー!」
ぼくはふり返って、ひっしでさけんだ。チョコレートを持ってこられちゃ、この作戦は失敗だ。

テツヤがあわてて、チョコレートを近くの自転車のかごにかくした。
よし! ぼくは、また走り出した。
あとは、ぼくが がんばって逃げないといけない。

「おれ、チョコレートなんてもってないぞ! そいつ、うそつきだ!」
テツヤが、ぼくを追いかけてきた。ぼくは、いっしょうけんめい走った。
テツヤは、ぼくよりずっと大きい3年生だから、そのうちつかまっちゃうけど、なるべく遠くまで逃げないといけない。
息が苦しい。もうちょっとで、広場だ。何とか、広場まで・・・。

1 / 3123

ひなたのんき について

東京都出身です。空と、水のある景色と、物語の世界が大好きです。 絵は描けないけど絵本が描きたいので、絵本の文章を編集さんに見てもらったりしています。 好きな絵本作家は、かがくいひろしさん、長谷川義史さん。 好きな童話は、寺村輝夫さんの「ぞうのたまごのたまごやき」、「こまったさんのオムレツ」。 好きな物語の出だしは、安房直子さん作「きつねの夕食会」の「新しいコーヒーセットを買ったので、きつねの女の子は、お客をよんでみたくてたまりませんでした」。 こんな風に人に衝撃を走らせる一文を、自分もかきたいと思います。