もんちゃんの だいじな ようじ (1/2)

文・季巳明代  

くるりんやまの もんちゃんは、おさるの こ。
とても はずかしがりやです。
ともだちが ほしくて たまらないのに、みんなが さそいにくると、いつも おいかえして しまいます。

きつね「もんちゃん、あそぼ」
うさこちゃんが きました。
でも、もんちゃんは、
「ぼく、だいじな ようじが あるの。だから かえって」
と、うさこちゃんを おいかえしました。

「もんちゃん、あーそぼ」
きつねこちゃんと、たぬくんも やってきました。でも、もんちゃんは、
「ぼく、だいじな ようじが あるのっ! だから かえって」
と、やっぱり ふたりを おいかえしました。

たぬき「もんちゃんの だいじな ようじって、なんだろ」
「わたしたちも てつだおうか」
「ようじが はやく おわったら、もんちゃんと あそべるよ」
そして、みんなで こえを そろえて いいました。
「もんちゃんの だいじな ようじ、おてつだい することに したよ」

写本 -sozai_39636もんちゃんは こまりました。
だいじな ようじなんて、なにも ないのです。
どうしよう・・・と もんちゃんは かけだしました。

「もんちゃん、どこへいくの? まってぇ」
もんちゃんの あとから、みんなも ついて はしりました。
はしって はしって はらっぱをぬけ、ぞうきばやしに にげこむと、みんなも やっぱり ついてきます。
「もんちゃーん、まってぇ」
ついに いきどまりです。
(つづく)


Special Thanks to ILLUST BOX

1 / 11

季巳明代(きみ あきよ) について

鹿児島県出水市在住 保育士時代に公募にはまり、幼年童話作家をめざす。 毎日童話新人賞優秀賞、新美南吉童話賞特別賞、など受賞多数。 作品に『てんぷら母ちゃん』(家族っていいね3・4年生収録/日本児童文芸家協会編/PHP研究所)』 『ウドちゃんとチョロくん』(ぼくたちの勇気)収録/編著/漆原智良/国土社)』 『よっていっきゃんせ!』(児童文芸収録/日本児童文芸家協会編)』 単著に『ひげなしネコ』『じゅんばんこ!』『四年変組』『りほちゃんのめざし』(以上フレーベル館)、『ひっこしはバスにのって』(銀の鈴社)。キンダーブック2に、『にんにんにんじゃえん どろろんぐみ』を連載中。(いずれもフレーベル館