アカネと銀河の遊園地(11/15)

11 ケン太の手紙

アカネへ

《参考》
● げんざいの登録宇宙人口は、7000億人ほどである。
● 星によって文明はちがうが、みな同じ人間である。
● 星によって、衣服がことなる。

《ファッションチェック》
○ 金星は、当時は500℃もの高温だった名残りで、長そでを着る人は少ない。
○ 火星は、四季があり、地球に強くあこがれていた名残りで、青色を好む人多し。
○ 地球は、人類が宇宙へと出発するきっかけを作った偉大な星である。よって、「誇り」や「王者」や「伝説のはじまり」等のしげきの強いロゴを好む人多し。

《注意》
☆ げんざい、地球は銀河遺産としてみとめられた銀河遊園地のため、そのようなかげきはの人間はいない。
☆ 銀河遺産は、原そく的に人間は住めなくなってる。旅行者は、銀河連合が指定したホテルにとまることがぎむづけされている。
☆ なお、ホテルは全て「パラテラフォーミング化」されているので、とても安心である。
☆ パラテラフォーミングとは、どんなわく星でも人間が住めるようにと作られた、カプセル型のコテージのことである。
☆ コテージには、良い旅の思い出をつくってください、との建ちく作業員の願いがこめられている。
☆ 飲料の持こみ可。

大発明家 ケン太より

「もう、なにが大発明家よ」
アカネはひと息でケン太の手紙を読みおえました。
ケン太は手紙に、太陽系にある星の特ちょうなどをメモ書きしていたのです。
「やさしいわね、ケン太くん」
ママも手紙をのぞきこみました。
「そうだ、こんどこそアップルパイ、焼いてあげないとね!」
「ウソもまじってそうだけど。それに、発明とはぜんぜん関係ないじゃん」
アカネは手紙から目をそらせ、顔に力を入れました。
ほんとうは、心のなかではケン太のやさしい心づかいに、アカネはうれしい気持でいっぱいだったのです。
でも、それをママにバレるのが照れくさくて、アカネはくちびるを始終一直線にむすんでいたのです。

1 / 212

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員