ガラガラドンと そらの まつり(1/4)

文と絵・みろかあり

ボクは、たかし。
しょうがく 3ねんせい。
なつやすみの しゅくだいで、ひまわりの かんさつにっきを つけている。
そのひも、ひまわりに みずを やろうと にわに でるところだった。

そしたら、ボクんちの にわに アタマに ツノのある おとこのこが おちてきたんだ。
ひゅー!
ボクは、すっごくビックリした。

でも、つぎの しゅんかんには おおケガしてないか しんぱいで かけよったんだ。

「だいじょうぶ?  ケガしてない?」
「いたたたた・・・! ヒザを  すりむいただけみたいだ」
めに  なみだを  うかべていたけど、げんきそうなので  ボクは、あんしんした。

きゅうきゅうばこから、ばんそうこうを だして  ヒザに  はってあげた。
「ボク、たかし。キミは?」
「おいら、カミナリこぞうの  ガラガラドン。たかし、たすけてくれて  ありがとな」

「でも、こまったね。どうやったら、キミを  おそらに  かえせるんだろ?」
ボクは、かんがえこんで  しまった。

そしたら、ガラガラドンが  ボクに  しつもんしてきた。
「ねぇ、たかしは、にじを  つくれる?」

1 / 41234

みろか あり について

東京都出身。アニメ会社や、子供向け漫画などに携わっておりましたが、体調を崩し、断念★ 現在、絵本作家を目指して、きむらゆういち先生主催の「ゆうゆう絵本通信講座」にて、勉強中です。 ブログとHPやっております。遊びに来てください。 ブログ: みろかありのブログ HP:みろかありのページ