大人ももっと絵本を! 絵本セラピーの魅力⑤

第5回 「十人十色の感じ方

こんにちは! 絵本セラピストの「えみっち」こと中村恵美です。
シリーズで「絵本セラピーとは」「絵本セラピーの魅力」をご紹介してきました。
絵本セラピーとは、単なる読み聞かせではなく、絵本を読んでもらって感じたことを参加者同士でシェアして、1冊の絵本から人それぞれいろいろな感じ方があるということに気づいたり、忘れかけていた幼い頃の記憶を思い出したりすること。
そして、そのやり方も、対象も、選ぶ絵本も・・・絵本セラピストによってさまざまだということはお話ししましたね。

私たちは絵本セラピスト協会のネットワークを通じて、全国各地の絵本セラピストさんの活動を知ることが出来ますが、例えば、開催場所は・・・学校の保健室から雑貨屋さん、グループホーム・・・、対象も子どもから中学生、ママさん、シルバー世代等さまざま。
どんな対象であれ、目的は同じ~「目の前の人を笑顔にする」こと~です。

1 / 3123

中村恵美 について

(なかむら えみ)福岡県出身 岡山県玉野市在住。岡山・香川の民放局アナウンサーとして勤務した後、結婚退職をしたのを機にフリーに。司会業・リポーター業の傍ら、絵本の読み聞かせ活動や朗読を始め、絵本セラピー®と出会う。基礎絵本セラピスト®の資格を取得し、毎月絵本カフェや地元のパン屋さんで絵本セラピーを開催している。現在 高校一年と小学三年生 二男児の母。 (資格)絵本セラピスト®協会認定 基礎絵本セラピスト®、大人に絵本ひろめ隊®。 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター。 キッズアンガーマネジメントファシリテーター。 日本コミュニケーショントレーナー協会認定「心理カウンセリング1級・コーチング1級」