幼稚園までに1000冊の本を読もう!

アメリカ在住のかなこ すぷらうとさんに、全米で展開中の「子どもに絵本を読ませる」取り組みをご紹介していただきました。


1日1冊読めば
アメリカには、1000Books Before Kindergarten という非営利組織があります。
この団体は、5歳頃の幼稚園(日本に例えていうならば、小学校0年生)に入るまでの間に1000冊以上の絵本を読むことを推奨する活動をしています。

入園前にたくさんの絵本に触れることで、語彙力だけでなく、スペリングや数学など、その後の勉強への姿勢に大きな良い影響がある、という研究結果に基づいているそうです。
1000冊というと大きな数字なように感じますが、1年に365冊読んだとすると、3年間で1095冊になる計算なので、1日1冊を目安に読み続ければ3年でクリアできる数字だということです。

1 / 212

かなこ すぷらうと について

埼玉県生まれ。社会人になった後、1年間暮らしたNewZealandでたくさんの自然に触れたことをきっかけに、絵を描くことを志す。帰国後は絵画教室に通い、児童デイサービスで働きながら絵本づくりやイラスト制作を続ける。空気の匂いや温度のある絵を描けるように勉強中。現在はアメリカ在住。 Twitter : kanacosprout