志茂田景樹先生の読み聞かせに参加!!

志茂田景樹先生に作品を読み聞かせしていただき大興奮!!

去る9月23日、株式会社PASSWORD・クリエイティブメディア出版、株式会社パールハーバープロダクションによる志茂田景樹先生講座『作家になる方法』に参加してまいりました。

今回の講座には、絵本の読み聞かせがありました。志茂田景樹先生著『キリンがくる日』(木島誠悟・絵、ポプラ社)や『ラクダのなみだ』(宮田修・著、KIBA BOOK)が読まれたうえに、クリエイティブメディア出版「第一回 えほん・童話コンテスト」で私が絵を担当した準大賞作品『鳥にさらわれかけたあっくん』(文・山元ときえ)も読まれることになりました。

志茂田景樹1自分の描いた絵が、スクリーンに登場して、志茂田景樹先生が名前を読み上げてくださった時は、大変興奮いたしました。
『鳥にさらわれかけたあっくん』は童話の長さの文章ですが、今回の企画では絵本用に志茂田景樹さんが編集されたものに生まれかわっていました(本文を手直ししたものではなく、あくまでもオリジナルは崩してない)。私の描いた絵をスクリーン全体に写し、音響も加わり臨場感タップリに演出されていました。
読み聞かせの後「この内容なら逆にもっと膨らみを持たせて小説にしても面白いかも」とアドバイスもいただきました。

その他「第2回絵本・童話コンテスト」の審査途中経過も交え、ノミネート作品が何点も読みあげられる、というイキな演出もあり、ネットからの参加者の作品が読み上げられたのでしょうか、拍手の音が流れてきて、生中継で繋がっていて、ドキドキ感を味わえる内容でもありました。
先生に質問のコーナーでは「作家とは、ひとりの作業ですが本当は大勢に方に支えられている」、そして「何かを書くぞ!!と構えることでは無く、常にいろんなことに感動して心に留めておくことが大事」とご自身の考えを話してくださいました。
決して最初から上手くいっていた訳ではなく、直木賞をとるまでは大変な努力をされていたことを先生のお話から伺い知ることができました。作家を目指す方にとって、厳しくもありますが、志茂田先生のお話を生で聞けたことにより希望へとつなげていけたことと思います。

講座に参加してみて、会場との一体感、ネットとの繋がり、そしてじかに志茂田景樹先生からアドバイスをいただける、という画期的な講座だったと思います。何より志茂田景樹先生のやさしいお人柄が伺える時間を過ごせました。その後、志茂田先生の『キリンがくる日』のサイン会が行われ、終始和やかな時間がながれました。
(いなのべいくこ)

写本 -鳥にさらわれかけたあっくん1鳥にさらわれかけたあっくんアプリ

 

 

 

 

 

 

『鳥にさらわれかけたあっくん』は電子絵本として好評発売中です。
購入サイトはこちらから ↓
▼アンドロイド版
くりめぼん『鳥にさらわれかけたあっくん』
▼IOS版
えほんばこ『鳥にさらわれかけたあっくん』

1 / 11