月夜のネコかいな(4/4)

文・夏美  

月夜のネコ4チャリンと音がしました。
お面屋の手の中で、お月さまから外したはずのお面が銀貨に変わっていました。
「外したのは何のお面だったの? 普通のお月さまにしか見えなかったけど」
「普通のお月さまなんてないよ。何かに見えるはずだ。あんたは何に見えたんだい。今晩のお月さま」
「うーん、そうねえ・・・」
トモちゃんは今晩ここに来るまでに見たお月さまを思い出して、そして言いました。

「ひよこの頭みたいだって思ったわ」
「じゃあ、そうだったんだろうさ」
「意味わかんないわ」
「お月さまの顔は見る人によって変わるのさ。ここにあるお面はお月さまがこんな風に見えるって思った、いろんな国のいろんな人の想像力の姿なんだ」
トモちゃんは並んでいるお面に目をやりました。

1 / 41234

夏美 について

大阪出身。童話やミステリーが好きで、少年探偵団や少女探偵ナンシーで育ちました。自分もそんな感じの、子供がワクワクできるようなミステリーやサスペンスを書けたらいいなあと思っています。ようやく落ち着いてパソコンに向えるようになった主婦です。尊敬する人はグラン・マ・モーゼスです。