未来人がやってきた(5/5)

文・泉あおり  

さっそくテレビの前にすわると、コウタはうとうとしてしまった。
「・・・うそ? やっとゲームができるってのに・・・ぼく、ねむっちゃうの?」

「おい、コウタ。おいってば、コータ!」
「・・・ん? その声は、未来のぼく」
目をさますと、テレビのなかに昨日のスーパーコウタがうつっていた。
「おめでとう。コウタが約束を守ったから、ぼくのゆめがかなっちゃったよ」
テレビの中から、スーパーコウタがうれしそうに笑いかけてきた。
「それじゃあ、未来のコウタがどうなっているか、これから見せてあげるね」

1 / 3123

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。