正直な王様ハンス(3/3)

文・伊藤由美   絵・伊藤 耀

その日から、早速、ハンスには、王さまの仕事が待っていました。
でも、王さまの仕事って、何でしょう。幸い、おとっつぁんが、今度も、ちゃんと、教えてくれました。
「こら、せがれ。王さまになったからって、いばるでねえぞ。王さまの仕事は、まずは、みんなの暮らしに気をくばるこったぞ」

そこで、ハンスは、まっさきに、高い税金をなくしました。
お城でのぜいたくな暮らしも禁止です。ぜいたくに慣れた大臣の奥方たちには、ひどく、いやがられましたが。
「こら、せがれ。国の人々を、飢えさせちゃ、なんねえぞ。飢えて、人っ子ひとり、いなくなっちまったら、その鳥の巣みてえなもじゃもじゃ頭に、冠、かぶってたって、何になる」
ハンスは、兵隊たちを連れて、戦争で荒れた土地を耕しに行きました。兵隊たちは、
「われらの仕事は戦うことで、耕すことではありません」
と、ぶっちょうずらでしたが、ハンスは取り合いません。それどころか、
「じゃまっけだなあ」
と、王冠を木の枝に引っかけて、自分から、荒れ地を耕しました。これには、兵隊たちも、従うしかありませんでした。

「こら、せがれ。町にねずみがあふれているぞ。悪い病気がはやらねえようにするだ」
「こら、せがれ。街道に盗ぞくが出るっつうぞ。さっさと、取りしまれ」
ハンスがおとっつあんの教えによくしたがったので、人々の暮らしは、日ごとによくなって行きました。

1 / 41234

伊藤由美 について

宮城県石巻市生まれ。福井県福井市在住。 『指輪物語』大好きのトールキアン。その上にトレッキー(「スター・トレック」ファン)でシャーロキアン(「シャーロック・ホームズ」ファン)と、世界3大オタクをカバーしている。

伊藤耀 について

(いとう ひかる)1992年福井県福井市生まれ。仁愛大学人間学部心理学科卒。いつもはウサギばかり描いているが、ときどき、母親の童話に挿絵を描いている。福井市在住。創作工房伽藍で勉強中。