“海”をどう描くか

なんとか描き終え、1か月。
完成した絵本が届いたときの、嬉しさったら!
「みてみてー!絵本が出来上がったよー!」
母の浮かれようとは裏腹に、娘たちは、
「あー。ママが描いてたやつね。」
なんともあっさりした反応・・・。
ちょっと拍子抜けしながらも、読み聞かせると、自分たちのセリフを何回も言いあい、笑っていました。
想いを込めた1ページも、三田村さんの言葉と共に絵本の中にあって、とても嬉しくなりました。

その後も、絵本の反応は続きました。水族館にいくと、
「この魚、ママの描いた絵本の魚だ!」
「海が汚れてたら、家に帰れないんだよね?」
などと言ってくるのです。
絵本を読むことで、何かを感じ、学んでくれている、そう実感しました。
そして、子どもに絵本を読んであげることが、大切な時間であることも、改めて感じたのです。

『みんなが やさしく なりますように』は、社会奉仕活動をされている、東京白金ロータリークラブのご依頼で制作しました。絵本の収益は、視覚にハンディのある方たちを支援する〝むつき会〟の活動のため寄付されます。 東京白金ロータリクラブへの問い合わせ、または、国分寺の絵本店「おばあさんの知恵袋」でご購入いただけます。

◎東京白金ロータリークラブ
shirokane-rotary-club@dream.jp
tel.03-3446-6760 fax.03-3446-6450
◎国分寺おばあさんの知恵袋

絵本を読んだ子どもたちが、海や生き物の大切さを想ってくれますように。
そして、“みんなが やさしく なりますように”。

2 / 212

中野 愛久美 について

中野愛久美(なかの めぐみ)佐賀県生まれ。有田工業高等学校デザイン科にて、初めて絵本創作を学び、絵本づくりの楽しさに魅了される。現在は、二人の娘を持つ母であり、子育てをしながら絵本の創作に励んでいる。東京デザイナー学院グラフフィックデザイン科卒業。日本児童文芸家協会研究会員。 おおしま国際手づくり絵本コンクール入選、ピンポイント絵本コンペ三次選考通過、graniphTシャツデザインアワード銅賞など、絵本やイラストのコンペ、その他グループ展などに積極的に出展している。 PuFuFu