猫アンテナ狂想曲(15/15)

文・朝日千稀   絵・木ナコネコ

15 第1助手に就任します!

「アキラ、おまえの毛髪を解析し、体に異常がないことがわかって、私は安心していたんだよ。だがね、おまえは、JKを追い、遠く離れたみあんまでやって来た」
「オレも、こんな遠くまで猫を捜しに行ったのは初めてかも」
「犬田くんから、受付でおまえを見かけたと聞き、私はあわててた。想定していた距離をはるかに超えている・・・」

「えっ?」
「そこまで強い能力があるなんて、毛髪解析だけではわからなかったなにかがあるのだろうか? ほんとうに、おまえの体は大丈夫なのだろうか、と」
それで、父さんはオレたちを追いかけた、ってわけだ。

「・・・あの、十数年も経ってから、そんな心配するなんて・・・、オレが食ったのは、ただのキャットフードじゃなかった?」
「そうなんだよ。あの頃、私は、猫に小判を探させたり・・・、詳しいことは言えないが、そういう特殊なフードを開発していたんだ。フードによって得られる能力の期限は、正常な状態なら約10年」
「なのに、オレにはまだ、残っている」

「だから、心配で・・・」
「でも、オレは、大丈夫だから・・・。今まで、身体検査で引っかかったこと、なかったし」
「・・・だが、心配だ!」
「大丈夫、だって、思うけど・・・。献血でも、異常値、出たことないし」
「・・・、最初から、冬野さんや犬田くんに頼まずに、私が、直接、おまえに会いに来るべきだった。母さんの了解も得るから、もう一度、しっかり検査させてくれないか?」
「・・・いいよ」
「ありがとう。騒がせてすまなかった。・・・さあて、私たちは、これで、失礼するよ」
父さんが、さみしそうに笑う。

「あの、父さん」
「なんだね」
「また!」
「ああ、また!」
父さんが、にっこり笑う。

「あの、父さん」
「なんだね」
「チャッピーは、ここにいても?」
「もちろんだよ」
そう言って、父さんは、
「JKをお願いします。そして、輝も」
猿神さんに丁寧に頭を下げた。

1 / 3123

朝日千稀 について

(あさひ かづき)福井県福井市在住。3猫(にゃん)と一緒なら、いつまでもグータラしていられる

木ナコネコ について

(きなこねこ)福井生まれ、大阪住まい。福井訛りの謎の関西弁が特徴。猫と珈琲と旅が好き。