紀文 お正月絵本作品 絵本原画展+読み聞かせ

かまぼこやおせちで有名な紀文さんのイベントが行われるので、私、山庭さくらつかまい子さんの二人で絵本の読み聞かせをします(読み聞かせの時間帯は下記をご覧ください)。
紀文食品さんは、絵本を通じて親から子へ“楽しくお正月文化を伝えてほしい”という想いのもと、「お正月絵本作品募集」活動を行っていらっしゃいます。
今年活動10年目を迎えたことを記念し、これまでの入賞作品が展示。会場では、原画展だけでなく、大人からお子様まで楽しめる様々なイベントも実施されます。

【絵本プレゼント】
クイズラリーにご参加頂いた方、各日先着300名様に絵本をプレゼント!

【祝箸袋&水引教室】
水引箸袋を作り、祝箸とセットにしてプレゼント!お子様用の祝箸もご用意しています。

【入賞作品の絵本読み聞かせ会】
読み聞かせ終了後にじゃんけん大会を行い、勝った方にはお正月かるたをプレゼント!

また、ご家族やお友だちとの記念撮影も楽しめる顔出しパネルをご用意。意外と知らないお正月のいわれを楽しく学べますので、ぜひご来場ください。

◆開催期間 2017年11月3日(金・文化の日)~11月4日(土)10:00~18:00
◆会  場  東京ソラマチ 5F スペース634
東京都墨田区押上1丁目1‐2
アクセス→東京ソラマチアクセス
◆参 加 費  無料

【読み聞かせ 11/3(金)】
11:20~11:40 つかまい子
13:00~13:20 山庭さくら
14:20~14:40 つかまい子
15:40~16:00 山庭さくら
17:10~17:30 つかまい子

【読み聞かせ 11/4(土)】
11:20~11:40 山庭さくら
13:00~13:20 つかまい子
14:20~14:40 山庭さくら
15:40~16:00 つかまい子
17:10~17:30 山庭さくら

1 / 11

山庭さくら について

山庭さくら(やまにわ さくら) 愛媛県出身。大好きな童話作家は浜田広助。 図書館での読み聞かせ、児童養護施設でのボランティア、大学病院の小児科でのボランティアでの読み聞かせを行ってきて、童話や絵本の大切さを実感。 2006年に出版した『ウータンタンのおはなし』は、大分県の夏休み課題図書に選ばれる。 その後、依頼で『不思議なコウモリ』や『シッポでさよなら』などを創作。これまで作った作品は20以上。読み終えた後に、心がほっこりする童話を書きつづけている。 HP:幸せつなぎスト

つかまい子 について

東京都出身。早稲田大学人間科学部で認知心理学等を学んだ後、女優として舞台や映像作品などに出演し、表現活動に携わっていたが、自分の中にある想いをもっと独自の方法で表現すべく、2015年9月から、墨を使って絵本をつくる墨絵本作家として活動をはじめた。プライベートでは、2015年5月末に第一子を出産。はじめての育児に奮闘しつつ、創作活動に励んでいる。絵本『ねむりねこ』は、妊娠中に、お腹の子と亡き母への想い、命は受け継がれていくというメッセージを、墨の濃淡とリズミカルなことばで表現した。