高松平藏さんの新刊が発売となりました!

高松さん新刊当サイトの「海外の児童書事情」でドイツからレポートしてくださっている、高松平藏さんの新刊が学芸出版社より発売となりました。
お近くの書店やAmazonなどのネット書店でお求めいただけます。

高松平藏・著 『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』 1900円+税

61z9Vefd7qL._SX345_BO1,204,203,200_著者の高松さんよりコメントをいただきました。
「ジャーナリストとしての私の大きなテーマは地方都市の発展です。きっかけは20代のときに『地方でも文化が豊かであるべき』と考えたこと。それで、ひょんなことからドイツに行ってみたら、文化の充実した地方都市が実に多かった。当サイトにはドイツの絵本・童話にまつわるコラムを寄稿していますが、まちの文化の中に『ネタ』を見つけることがよくあります。拙著では私が住むエアランゲン市(人口10万人)を主に取り上げました。まちの経済発展と文化は切り離せませんが、それらがどうつながっているのかということも盛り込みました。絵本・童話もそんな観点から考えてみてもよいかもしれません。」

●Amazonでの購入はこちらから →『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか

1 / 11