作家一覧

HIDERU

多摩美術大学の油画専攻を卒業し、絵画、造型、映像作品を制作。 絵は様々な質感の紙を使い、ちぎり絵+Photoshopで製作。定期的に絵本コンサートを開催し、「象のババール」「眠れる森の美女」「くろねこノワル」など、クラシックやJAZZのミュージシャンとコラボしている。 実寸大の恐竜ロボットの造型師でもあり、世界中の博物館に展示している。 映像作家としては、ANNASUIの新作発表会、三ツ星パティシエやミスユニバースのパーティ、JAZZ、クラシックのイベント、 劇団俳優座などの映像演出も行っている。 児童アート教室アルティキッズ主催。 Twitter: @artikids1

最新作品全作品数:1

Junko Goodyear

(ジュンコ グッドイヤー) 米国・ワシントン州シアトルの対岸、ベインブリッジ島在住。クリエイティブ・エージェンシー「Agentic LLC」共同経営者。 東京のど真ん中をベースに約20年間ビジネス経営した後、2010年にアメリカに生活の拠点を移す。エキサイトで刺激的な都会の生活をやめて、現在は仕事を日米で展開しつつも「半径5メートル以内の幸せ」を丁寧に生きる、パシフィック・ノースウエスト的「Go Tiny ライフスタイル」を実践中。 HP:Go Tiny!

最新作品全作品数:6

nocconokko

1984年岐阜県生まれ。学生時代に絵本・童話創作を学ぶ。3年間の雑貨店勤務ののち、画材店の商品企画のお仕事を経て2013年よりイラストレーターとして活動を開始。ほっこりとあたたかな物語の感じられるイラストを制作しています。ライフワークとして、絵本・童話創作をしています。イラストレーターズ通信会員。 HP : nocconokko

最新作品全作品数:3

RiLi

大阪府出まれ。イラストやデザインを学んだ後にイラストレーターとして活動を開始しました。 色えんぴつや水彩絵具でイラストを制作しながら、展示会などにも参加。絵本も制作中です。 あたたかさや柔らかさや優しさのある絵を描こうと意識しています。 webpage : AtelierRiLi twitter : RiLi facebook : RiLi

最新作品全作品数:3

SUKEKKO

1988年新潟県生まれ。日常の中の「ほっ」とする瞬間や青春を思い出すような絵を描いています。ペットの似顔絵を描くお仕事をしたり、家事をしたり、料理が好きな普通の主婦です。HP:sukekko

最新作品全作品数:2

いなのべ いくこ

茨城県水戸市出身。 デザイン事務所に6年勤務後、フリーのイラストレーターになる。 主な作品に『仕事ができる人の 5日で身につく「伝える技術」改訂版』『組織が活きるチームビルディング』『知的食生活のすすめ』 (東洋経済新報社)、『子どもの病気は食事で治す』 (評言社) 保育誌(フレーベル館、メイト)などの挿絵がある。 絵本挿絵の挿絵は『フライパンとダンス』(文化出版局)などがある。 国立埼玉病院CT室イラストデザインやイベントポスターデザインを担当する。 東京八重洲ギャラリーのミニ絵画展参加。  銀座、渋谷、原宿ギャラリーなどで作品を発表。 ブログ:いい日だね!

最新作品全作品数:24

いのうえちひろ

1973年生まれ。東横学園女子短期大学国語国文学科卒業。あとさき塾で絵本を学ぶ。 主な作品に、絵本『おふとん』(チャイルド本社)、紙芝居『かたづけたろう』(教育画劇)等。パステル・色鉛筆によるイラストレーションの他、古布を利用した布絵を制作。 「いのうえちひろ 絵本・布絵創作記録/

最新作品全作品数:10

おのりえん

1959年、東京に生まれる。上智大学文学部心理学科卒業。同大学院にて心理学を学ぶ。その後、教育相談所の心理相談員として活動。現在は、絵本、童話の創作の分野で活躍中。作品に絵本『ママあそんで』『おさわがせさいのライノー』『よくばりぎつねのじろろっぷ』『みずぼうそうだよヤンダヤンダ』、童話に『シラノせんせいたいへんだ!』『お月さまよんで』『かっぱたろう』などがある。

最新作品全作品数:1

かなこ すぷらうと

埼玉県生まれ。社会人になった後、1年間暮らしたNewZealandでたくさんの自然に触れたことをきっかけに、絵を描くことを志す。帰国後は絵画教室に通い、児童デイサービスで働きながら絵本づくりやイラスト制作を続ける。空気の匂いや温度のある絵を描けるように勉強中。現在はアメリカ在住。 Twitter : kanacosprout

最新作品全作品数:9

きゅりあ

福岡県生まれ。仕事の合間に詩や物語を書いています。 童話は優しくてほっこりするようなものを目指していますが、 まだまだ、文章は勉強中です。 いつか、イラストも勉強して、自分の描いた絵で童話を作りたいです。 blog では、詩と物語を載せています。 良かったら遊びに来てください。 blog:パンラ国物語と詩集の欠片たち

最新作品全作品数:8

ぐな

北海道在住。 ポメラニアン、トイプー、にゃんこ3匹、カメさんと暮らしています。 ガーデニングが大好き。 大好きなペットたち、お花のことなど、絵や絵本にしていきたいです。 HPでは、絵本や、ちょっとした日常のマンガなども載せています。 どうぞ遊びに来てください(*^^*).+゚ HP:ちいさなお庭で♪ 絵と絵本..。.:*・゚

最新作品全作品数:6

ころひ みらは

兵庫県生まれ、大阪市在住。オットリしたパパと、反抗期真っ只の娘と、やっと寝返りした小さな娘の4人で暮らしています。現在、webデザイナーとしてネットショップで働いてます。 色についてや心温まるイラスト、想像力、感性を高めるため、勉強中。人生死ぬまで学び。

最新作品全作品数:1

すむらけんじ

山口県出身。東京芸大工芸科卒業後、富士フイルム宣伝部に勤務。その後イタリアへ。ミラノで広告、パッケージののためのイラストレイター(フリー)として現在にいたる。 趣味は旅行、クラシック音楽、とくにオペラ。ミラノで4匹目の猫を飼っている。自分の描いたイラストを入れて、猫をテーマに短い物語や生活のことを書きたい。

最新作品全作品数:23

つかまい子

東京都出身。早稲田大学人間科学部で認知心理学等を学んだ後、女優として舞台や映像作品などに出演し、表現活動に携わっていたが、自分の中にある想いをもっと独自の方法で表現すべく、2015年9月から、墨を使って絵本をつくる墨絵本作家として活動をはじめた。プライベートでは、2015年5月末に第一子を出産。はじめての育児に奮闘しつつ、創作活動に励んでいる。絵本『ねむりねこ』は、妊娠中に、お腹の子と亡き母への想い、命は受け継がれていくというメッセージを、墨の濃淡とリズミカルなことばで表現した。

最新作品全作品数:5

なかむらしんいちろう

1972年東京生まれ、横須賀育ち。 日本児童教育専門学校、武蔵野美術学園卒。 母校等で講師をしつつ、イラストや絵本、紙芝居等の仕事をしています。 イメージを形にすることは、難しいことも多いのですが、やっぱり絵を描くことは本当に面白いです。 主な作品:『土の絵本』 HP:Maccoなかむらしんいちろう

最新作品全作品数:4

なりくら

二男子の母。印刷会社を退社後、自営の仕事をしながら、趣味でイラストや絵本を描いています。夢は、描いた絵本をたくさんの人に読んでもらうこと。日々精進しながら、作品を増やしていきたいと思っています。 ブログ:なりくらわーるど

最新作品全作品数:4

にわかずえ

神奈川県出身。ゆうゆう絵本講座 4期生。 今人舎より出版の絵本『てをつなごう』(きむらゆういちのゆかいななかまたち)に絵で参加。 クレヨン・クレパス画を中心に制作中。

最新作品全作品数:5

はまだまゆみ

1987年生まれ、奈良芸術短期大学を卒業後、仕事をしながら、路上で似顔絵を描いたり、ウェルカムボードやイラスト等の依頼を受けたりと、個人的に活動を始める。 短大時代、グラフィックデザインコースを専攻していたこともあり、デジタル彩色で絵を描いていたが、趣味で絵本を集めているうちに、手描き独特の暖かみに魅力を感じ、現在では、アクリル絵の具、色鉛筆、パステルを用いた、アナログ絵を主に描いている。 子供たちの純粋で綺麗な心、笑顔を守ることができる絵本を描いてみたい、というのが現在の目標。その目標に向かって、日々、自分なりに絵と向き合う毎日を過ごしている。

最新作品全作品数:1

ひなたのんき

東京都出身です。空と、水のある景色と、物語の世界が大好きです。 絵は描けないけど絵本が描きたいので、絵本の文章を編集さんに見てもらったりしています。 好きな絵本作家は、かがくいひろしさん、長谷川義史さん。 好きな童話は、寺村輝夫さんの「ぞうのたまごのたまごやき」、「こまったさんのオムレツ」。 好きな物語の出だしは、安房直子さん作「きつねの夕食会」の「新しいコーヒーセットを買ったので、きつねの女の子は、お客をよんでみたくてたまりませんでした」。 こんな風に人に衝撃を走らせる一文を、自分もかきたいと思います。

最新作品全作品数:14

ふじもとさえ

1980年大阪府生まれ。 クレヨン・クレパス・パステル・色鉛筆などを使って、肩の力が抜ける様な絵を描いています。 イラストのお仕事:「かんたん年賀状素材集2012年版・辰年」「かんたん年賀状素材集2013年版・巳年」(技術評論社) ブログ:詩とストーリーとクレヨン画。絵描きふじもとさえ ツイッター:ふじもとさえ@絵描き

最新作品全作品数:1

ふるやりょう子

千葉県出身、在住。パレットクラブスクール絵本コース13期卒業。ゆうゆう絵本講座11期卒業。バートック絵本塾7期卒業。 著作「COLORFUL」1995年、スタジオワープ社より出版。 保育士として約10年勤め、現在は都内にてこどもアトリエ、パステルシャインアート講座、手づくり製本講座等を主宰。 子どもの頃からおえかきが大好きで、そのまま大人になってしまいました。子どもの頃の、紙に向かう時のわくわく感を常に忘れずに大切にしていきたいと思います。 HP:ふるやりょう子作品ホームページ ブログ:おえかき工房 絵日記帳

最新作品全作品数:1

まりも

2児のママ&京都在住の絵描き。パステルや色鉛筆を使って、ほんわか優しいタッチで絵を描いています。絵本作家を目指してイラストや絵本を描いて創作活動をしています。おおしま国際手作り絵本コンクールで、絵本『たかい たかい』を奨励賞(朝日新聞社賞)受賞。*Blog:まりものブログ *twitter:まりも

最新作品全作品数:19

みしまる ☆☆☆織 音(おりおん)

長崎県。心理学科卒業後、名古屋で文房具企画、東京でBATMANなどの玩具企画、シルバーアクセサリー、三船敏郎和柄Tシャツのブランド立ち上げ、Tシャツのグラフィックデザイン、学校用教材企画に携わる一方で創作活動にいそしむ。 紙芝居(風)動画『夢のねじをまいて♪ ~ ラムネ & ヒューピィ【 前 編 】~ 出会い編 ~』『夢のねじをまいて♪ ~ ラムネ & ヒューピィ【 後 編 】~ ほんとうに 叶えたい 夢 編 ~ 』 ブログ:みしまる -☆☆☆-Mzqi -下北沢

最新作品全作品数:3

みろか あり

東京都出身。アニメ会社や、子供向け漫画などに携わっておりましたが、体調を崩し、断念★ 現在、絵本作家を目指して、きむらゆういち先生主催の「ゆうゆう絵本通信講座」にて、勉強中です。 ブログとHPやっております。遊びに来てください。 ブログ: みろかありのブログ HP:みろかありのページ

最新作品全作品数:24

もも りこ

1981年生まれ、崇城大学芸術学科彫刻部卒業。 学んだ彫刻の技術を活かし、いろいろなことに挑戦中。

最新作品全作品数:1

もり なつこ

大阪市生まれ、鹿児島市在住。日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会会員。「日産童話と絵本のグランプリ・優秀賞」「新美南吉童話賞・特別賞」「小川未明文学賞・優秀賞」などを受賞。2010年『『風よ! カナの島へ』 』(国土社)を出版。現在は鹿児島市内で児童クラブの支援員をしながら創作活動中。鹿児島の海と空と山と人、子どもの笑顔に癒され、ときどき桜島にびっくりさせられながら、楽しく暮らしています。

最新作品全作品数:7

やまうちゆうか

1993年北海道生まれ。小さな頃から自然に恵まれ育ちました。イラストレーター、絵本作家を目指し、北海道で活動中です! 気が向いた時にYouTubeにてライブペイント動画などを投稿しています。よろしくお願いします。Twitter:やまうちゆうか

最新作品全作品数:3

ゆきえの絵

わたしは、絵をかくひとです。 「えがおのちから」を届けます。 世界中に放ちたい。world wide yukienoe. 1983年福岡県生まれ。九州造形短期大学卒業後、デザイン事務所にてイラストレーターとして所属し、ホテル勤務を経て、2011年「アトリエゆきえの絵」設立。  HP:yukienoe

最新作品全作品数:2

オゴンバイラ ボルジギン

1981年内モンゴル自治区東ベイリーン生まれ。4歳まで草原で育つ。内モンゴル大学芸術院卒業後、上海でデザイン事務所に勤務。2009年神戸芸術工科大学大学院修士課程に編入。現在、同大学院博士課程、アジアンデザイン研究所在籍中。 子供時代を過ごした草原の美しい思い出の欠片を拾い集めて、近代化によって失われつつあるモンゴル族の伝統文化を絵画によって再生、記録することをライフワークとしている。優しいユーモアを含んだノスタルジックな画風が特徴。複数の授賞歴があり、最新ではアートオリンピア2015国際絵画コンペテイションにて世界52カ国4281名の応募の中、入賞した。草原の画家として活躍中。HP 草原の画家オゴンバイラ・ボルジギン

最新作品全作品数:1

クロエ

鹿児島生まれ。2015年 WCC「絵本の学校」を卒業後、絵本作家・イラストレーターとして活動中。作画はデジタル、水彩色鉛筆を主に使用している。どうぶつが好きで、特にくまのキャラクターが多く登場する。「日常のなかのひとコマを、ゆるい仲間(どうぶつ)たちと」をテーマに作品づくりをしている。

最新作品全作品数:1

ナリムネタカシ

1978年生まれ。東京都出身。働きながら、子供向けのお話を創作しています。

最新作品全作品数:6

ナークツイン

ナークツイン:荻原慶子とさとうみえのイラストレーターグループ名。荻原慶子:女子美術短期大学造形科卒業後、企業の開発部デザイン課でデザイナーとして勤務。さとうみえ:トキワ松学園横浜美術短期大学(現・横浜美術大学)造形美術科卒業後、企業にデザイナーとして入社したがなぜか総務部に配属。1990年フリーのイラストレーターとして活動。二人は、高校の同級生です。荻原が企業で、さとうがフリーのイラストレーターとして活動している時に、荻原の仕事の依頼をさとうが受けて、それ以来一緒に仕事をするようになりました。 1992年、二人でデザインルームナークツイン設立。イラスト・デザインの仕事を始める。主に出版関係の実用書の装丁・レイアウトデザイン・本文図版やイラストをてがける。地球にやさしいデザインを心がけています。 2015年10月に世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー内区民ギャラリーで展覧会「もんもとうるるん ~Episode43~」を開催。HP:もんも通信

最新作品全作品数:6

三輪桃加

兵庫県出身、東京都在住。お料理と絵本、明治~昭和初期のレトロな文化をこよなく愛す。自身の体調不良から毎日食べることの大切さを痛感し、大学で食物学(栄養学)を学び、シニア野菜ソムリエ(野菜ソムリエの最高峰)の資格を取得。 「真の"美"体質」をモットーにダイエットや食を通した健康・美容関連記事、食育絵本などを手掛けている。 ブログ:野菜&果物の美養栄養学

最新作品全作品数:12

中村加菜子

(なかむら かなこ)大阪出身。神戸女学院大学を卒業した後、ロンドンへ留学。2013年に絵本シリーズ『トトとムー おかしのまちへいく』(ワークス)を出版する。現在はイラスト制作を中心に、チラシやパッケージデザイン、書籍挿絵、絵本制作などをしている。 HP:HELLO. 中村加菜子の世界

最新作品全作品数:11

中村恵美

(なかむら えみ)福岡県出身 岡山県玉野市在住。岡山・香川の民放局アナウンサーとして勤務した後、結婚退職をしたのを機にフリーに。司会業・リポーター業の傍ら、絵本の読み聞かせ活動や朗読を始め、絵本セラピー®と出会う。基礎絵本セラピスト®の資格を取得し、毎月絵本カフェや地元のパン屋さんで絵本セラピーを開催している。現在 高校一年と小学三年生 二男児の母。 (資格)絵本セラピスト®協会認定 基礎絵本セラピスト®、大人に絵本ひろめ隊®。 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター。 キッズアンガーマネジメントファシリテーター。 日本コミュニケーショントレーナー協会認定「心理カウンセリング1級・コーチング1級」

最新作品全作品数:2

中村文人

(なかむら もんど)三重県で生まれ、奈良県で育つ。関西学院大学文学部卒業。経済系の出版社でビジネス書の企画編集の仕事に携わりながら、絵本や児童書の創作を続けている。日本児童文芸家協会会員。 主な作品に『コロッケ先生の情熱! 古紙リサイクル授業』(佼成出版社 第62回青少年読書感想文全国コンクール課題図書)、『みんなだいじななかま』(金の星社)、『ぶんきょうほけんじょのえほん せわになろうかな』(文京保健所)、『おとうじゃ、ないって』『おいらはケネルキャットサスケ』『トイプードル警察犬 カリンとフーガ』(佼成出版社)などがある。 ▼紹介動画はこちら↓ ​『トイプードル警察犬 カリンとフーガ』 ​​『おいらはケネルキャット サスケ』

最新作品全作品数:66

中野 愛久美

中野愛久美(なかの めぐみ)佐賀県生まれ。有田工業高等学校デザイン科にて、初めて絵本創作を学び、絵本づくりの楽しさに魅了される。現在は、二人の娘を持つ母であり、子育てをしながら絵本の創作に励んでいる。東京デザイナー学院グラフフィックデザイン科卒業。日本児童文芸家協会研究会員。 おおしま国際手づくり絵本コンクール入選、ピンポイント絵本コンペ三次選考通過、graniphTシャツデザインアワード銅賞など、絵本やイラストのコンペ、その他グループ展などに積極的に出展している。 PuFuFu

最新作品全作品数:8

久美子 ローレンス

明治生まれの祖父母・大叔母と、能楽師の両親と、昭和30年代の埼玉の里山で、和の世界・四季折々の田園の自然に触れて育つ。絵を描くことと図書館が好きな少女時代、漫画を描くことにも傾倒。アメリカ人のアジア演劇研究者と結婚。ふたりの子育てを終えてから、再び絵を描きだし、40代にして墨絵に出会う。能楽物語、インド古典など、世界の文芸をテーマにしたオリジナル作品を夫と共同制作。アメリカの文芸誌Parabola Magazine などに古典文学シリーズを連載中。米国シアトル在住。ウェブサイト:Sumi Kumi Works

最新作品全作品数:4

井上真一

1995年東京生まれ。5歳の時、「モンテッソーリ・シュタイナー教育研究会」の絵画教室で絵を描く楽しさを知り、以来ゆっくりのペースで描き続けています。味わいあるタッチと美しい色彩が持ち味。童話の挿絵は今回が初めてで、ニョロタの優しさとピヨタの純粋さを表せるように考えながら描きました。 障がいのある子どもたちの絵画コンクール「キラキラっとアートコンクール」で第2回優秀賞。日本教育研究出版 特別支援教育のテキスト「ひとりだちするための国語」「ひとりだちするための算数・数学」表紙絵。2009年教室の仲間とグループ「talent」を結成、都内のカフェ、病院などで不定期に作品展を開催。

最新作品全作品数:4

今永ぴっと

1980年大分県生まれ。 独学で絵を学んでいる。 街角、サブカルチャー、睡眠の中などから、さまざまなインスピレーションを受け、作品を製作している。 大阪、東京を転々とし、現在、二児の父として、工場勤務。 兵庫県在住。

最新作品全作品数:6

伊藤由美

宮城県石巻市生まれ。福井県福井市在住。 『指輪物語』大好きのトールキアン。その上にトレッキー(「スター・トレック」ファン)でシャーロキアン(「シャーロック・ホームズ」ファン)と、世界3大オタクをカバーしている。

最新作品全作品数:16

伊藤耀

(いとう ひかる)1992年福井県福井市生まれ。仁愛大学人間学部心理学科卒。いつもはウサギばかり描いているが、ときどき、母親の童話に挿絵を描いている。福井市在住。創作工房伽藍で勉強中。

最新作品全作品数:11

前田真実

(まえだまみ) 東京都出身。アーティスト。 2005年に「あいのり」(フジテレビ)に出演。帰国後、シンガーソングライターとして活動。 一方で、描き下ろしイラストも手掛けた小説「そるあな solana」(春日出版)を発売。 2007年「キグルミバンド」に誘われたのをきっかけに、うたのおねえさんの活動開始。 2011年APP「どうようコレクションvol.1」「どうようコレクション はるのうた」をリリース。 百貨店・ショッピングモール、障碍者施設などでのイベントを重ねる。 イベントMCや食育講師なども務める。2014年、出産。待望の第一子を授かる。現在は、ママとして日々育児に奮闘しながら 一人の女性として、自分らしく楽しく輝いて生きるとはを考えながら暮らしています。 30年後も読み継がれる絵本作品を出版するのが夢であり、目標です。 ブログ:「サイト☆おまみ」

最新作品全作品数:3

北国ことど

(きたぐに ことど)北海道出身。 長年勤めた菓子店退職後、ネットにイラストや童話の投稿始める。 携帯小説の表紙、ウェルカムボード、似顔絵などの依頼を受ける。 2015年より北海道を中心に、展示会、公募など、積極的に参加を始める。 人とのご縁を大切に、温かい気持ちで描く絵が主流です。 趣味は、絵本を読むこと。 HP:北国ことど 癒しのイラスト

最新作品全作品数:5

北森みお

小説、童話、脚本など執筆。日本児童文芸家協会研究会員。 主な作品に『星夜行』(パロル舎/広島本大賞ノミネート)、『時の十字架』(鉱脈社/Qストーリー大賞優秀賞)、『ひろしまの妖怪』(中国新聞『おはなしばこ』掲載)、『北極星の夜』(『日本児童文学』掲載)、『深海魚のユメ』(国木田独歩記念事業文学祭入賞)、『T字橋の欄干」(広島市民文芸一席入賞)、『つばさ屋』(ラジオドラマ脚本)『星夜行-約束のリボン-』(ラジオドラマ脚本)など。 電子書籍に『美しいかけらの物語-ワニと薬指-』(ティアオ)、 『ホテルねこ堂』(星の砂文庫/童話と絵本コンテスト審査員特別賞) などがある。 近年作詞も手がけ、提供した楽曲に「風のソネット」「ロマンチカ」(作曲、歌はメロディストの田中ルミ子さん)などがある。

最新作品全作品数:11

土田愛

滋賀県出身。子供の頃から絵を描くのは好きでしたが、最近ではSNSなどを通じてたくさんの方に絵を見てもらったことにより「絵の仕事がしたい」という夢を思い出し、真剣にイラストを描くようになりました。猫や犬、いろんな動物をヒトっぽく描くのが好きです。どこかクスッとなる様なワンシーンを切り取れたらなと思っています。イラストは主にスマートフォンを使って描いています。

最新作品全作品数:1

坂木浩子

イラストレーター。東京生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。卒業後にデザイン会社でアルバイトをしながらイラストレーターを目指す。2009年イラストレーター3人で会社を設立(株式会社ぽるか)。 実用書・ビジネス書を主な媒体として活動中。たまに絵本の挿画を担当しています。HP「biwaflag」。ブログ「biwamap」では飼いネコとの暮らしぶりをイラストで紹介しています。

最新作品全作品数:4

堀江篤史(ほりえあつし)

イラストレーター。1976年生まれ。日本大学文理学部卒。28歳のときにイラストレーターを志し、勤めていたホームセンターを退職。半年間専門学校へ通う。その後アルバイトで求人広告制作に携わり、30歳からフリーのイラストレーターとして活動を開始。 現在は子供向け・実用書・ビジネス書などで挿絵を描いている。 東洋経済オンライン「晩婚さん、いらっしゃい!」のイラストも担当。 日本児童出版美術家連盟会員。東京都在住。 ブログ:ほりえあつしのイラスト屋根裏部屋

最新作品全作品数:5

夏美

大阪出身。童話やミステリーが好きで、少年探偵団や少女探偵ナンシーで育ちました。自分もそんな感じの、子供がワクワクできるようなミステリーやサスペンスを書けたらいいなあと思っています。ようやく落ち着いてパソコンに向えるようになった主婦です。尊敬する人はグラン・マ・モーゼスです。

最新作品全作品数:9

大神 るか

ゲーム会社退職後、販売や事務等様々な職種を経験し、2012年よりフリー活動開始。 子どもと動物のモチーフを主に、機械や風景等、様々な要望に応じてイラスト制作を担当。 主な仕事履歴はWeb小説の表紙・年賀状・書籍・パッケージデザイン等。 LINEスタンプ販売中。 <仕事例> ・瀧澤中著『尚武女学館物語(仮)』WEB表紙 ・㈲室町スピード印刷 年賀状イラストカット・シールイラスト ・㈱オーシャンチョイスインターナショナル パッケージデザイン HP:ESTA

最新作品全作品数:1

季巳明代(きみ あきよ)

鹿児島県出水市在住 保育士時代に公募にはまり、幼年童話作家をめざす。 毎日童話新人賞優秀賞、新美南吉童話賞特別賞、など受賞多数。 作品に『てんぷら母ちゃん』(家族っていいね3・4年生収録/日本児童文芸家協会編/PHP研究所)』 『ウドちゃんとチョロくん』(ぼくたちの勇気)収録/編著/漆原智良/国土社)』 『よっていっきゃんせ!』(児童文芸収録/日本児童文芸家協会編)』 単著に『ひげなしネコ』『じゅんばんこ!』『四年変組』『りほちゃんのめざし』(以上フレーベル館)、『ひっこしはバスにのって』(銀の鈴社)。キンダーブック2に、『にんにんにんじゃえん どろろんぐみ』を連載中。(いずれもフレーベル館

最新作品全作品数:7

小原風子

(おばらふうこ) 1971年福島県生まれ。 東京藝術大学で日本画を学んだ後、帰郷。チルドレンズミュージアムや学童保育など、子どもたちと関わる仕事を続けながら、南相馬の海のそばで絵や絵本の制作をしている。 2012年『僕らの海』、 2015年『もこもこ雲のテラドラゴン』を自主出版。 2016年同じ福島生まれの詩人、木戸多美子さんとのコラボレーションで、ポエムピース社より『ももいろのアルパカ』を出版。 絵本が、誰かの心の「小さな窓」みたいになってくれたらいいなぁと願いながら描いています。

最新作品全作品数:2

小林雅野

(こばやしまさの) 東京都出身。早稲田大学教育学部卒。一児の母。子育てしながら文筆活動、里山保全活動をしています。 旧姓:西沢での著書に『イボ記』(小学館)。表題作は女子大生の足指のイボをめぐる異色青春小説。併録の『おしえない』は黄面と呼ばれる異形たちの国に迷い込んだ人間が出会う不条理奇譚。現在は電子書籍ストアにて発売中(イボ記』)。 ブログ:糸の器ブログ HP:糸の器

最新作品全作品数:5

小野寺美樹

(おのでら みき)1995年千葉県生まれ。学習院大学経済学部経済学科を2017年の春卒業して、出版社勤務予定。2012年春から毎年、『BOOK展』(ギャラリーウシン)に絵画作品やポストカードを出品。

最新作品全作品数:4

山庭さくら

山庭さくら(やまにわ さくら) 愛媛県出身。大好きな童話作家は浜田広助。 図書館での読み聞かせ、児童養護施設でのボランティア、大学病院の小児科でのボランティアでの読み聞かせを行ってきて、童話や絵本の大切さを実感。 2006年に出版した『ウータンタンのおはなし』は、大分県の夏休み課題図書に選ばれる。 その後、依頼で『不思議なコウモリ』や『シッポでさよなら』などを創作。これまで作った作品は20以上。読み終えた後に、心がほっこりする童話を書きつづけている。 HP:幸せつなぎスト

最新作品全作品数:27

岡本美子

岡本美子(おかもと よしこ) 東京に生まれる。跡見学園女子大学国文科卒業後、講談社フェーマススクールズ美術学院で、高橋宏幸氏(絵本作家)に師事。講談社童画グランプリ入選後、児童書の挿絵の世界にはいる。 平面では主にパステルやコラージュの作品が多い。他に、流木やダチョウの卵などの自然素材を使って立体や半立体の作品も制作している。 主な作品に、『海からとどいたプレゼント』(岩崎書店)、『サポーターはサイボーグ』(文研出版)、『ぼくたちワンワンレスキューたい』(金の星社)、『グッバイ、ぼくだけの幽霊』(ポプラ社)、『けやきひろばのなかまたち』(国土社)、『ころりおにぎり できあがり』(メイト)などがある。

最新作品全作品数:1

岩崎陽子

イラストレーター。東京デザイナー学院絵本コース卒業。 シール制作会社勤務後、フリーのイラストレーターとして児童向け雑誌や書籍を中心に制作活動しています。ゆくゆくは、絵本を作りたいと思い日々奮闘しています。趣味はパン屋さんめぐり。大好きなパンをほおばりながら新作を構想しています。

最新作品全作品数:3

岩本朋子

福井県福井市出身。同市在住。大阪芸術大学芸術学部美術家卒。創作工房伽藍を主催。伽藍堂のように何も無いところから有を生むことをコンセプトでとして、キモノの柄作りからカラープランニング等、日本の伝統的意匠とコンテンポラリーな日用品(漆器、眼鏡、和紙製品等)とのコラボレーションを扱い、オリジナルでクオリティーの高いものづくりを心掛けている。また、高校非常勤講師として教えるかたわら、福井県立美術館「実技基礎講座」講師を勤める。

最新作品全作品数:3

志村弘昭

風景画からユニークな楽しい絵まで、幅広いタッチの絵を描く。 自身で作った、武蔵野市の民話を中心とした紙芝居でボランティア活動を行い、老人ホームでの高齢者や、商業施設での子どもたちに大人気。 また、警察署から頼まれ、交通安全の紙芝居なども作っている。

最新作品全作品数:4

新井悦子

長崎県在住。保育絵本キンダーブック2(フレーベル館)の生活コーナーのお話を4年間執筆。絵本に『きょうはとくべつなひ』 (教育画劇)、『いたいのいたいのとんでゆけ』 (鈴木出版)、『だいすきのしるし』 (岩崎書店)、訳本に『中国のおはなしシリーズ』(Benesse)、紙芝居に『ちんちろりんおばけ』『なすおばけ』など(教育画劇)。創作の他に英語教材のストーリー制作、ワークブックの企画など。地元では子どもの本に関するボランティアグループおはなしマルシェに所属し、「させぼふるさと紙芝居」として地元の昔話『じんねみどん』『三川内の化け猫騒動』など現在5巻を制作。日本児童文芸家協会会員。

最新作品全作品数:7

杉浦 つかさ

大阪府出身。京都芸術短期大学(現:京都造形芸術大学)卒業。 グラフィクデザイナー、イラストレーターを経て画家に転身。個展活動と絵画教室を開く。 癒しのキャラクター「ニコじい」を発表し、ニコじいがきっかけで絵本の道に進む。 学校、幼稚園、施設に出向き、絵画指導や読み聞かせを行う。 2014年は、スリランカへボランティアに行き、教壇に立つ。著書に『スウィートニコじい』(かんぽう)、『がかフランソワさん』(垣内出版)がある。ブログ:NICOZY

最新作品全作品数:2

柊京佳

(ひいらぎ きょうか) もの心ついた時からお絵描き大好き!たくさんの絵本に囲まれて子育てする中で、実際の生活の中にもある素晴らしい物語をいっぱい発見!2015年からブログやトークライブでそれをお伝えしています。 ブログ:はぴゆるの森屋 虫や山や木との不思議なやりとり書いてます。

最新作品全作品数:8

樋口ゆう子

福岡県生まれ、在住。 講談社フェーマススクールズ(KFS)にてイラストレーション・デザインコースを受講。 油絵、アクリル画、銅版画、ビスクドール作り等、色々な事を学びつつ、 展示会等にも参加。 現在は、ガッシュやテンペラで童画を制作。 2014年KFS絵本グランプリ、イラスト部門にてグランプリ受賞。 佐賀県DV総合対策センター発行の絵本『たまごになっちゃった?!』(文:平松詩子)で挿絵を担当。

最新作品全作品数:5

橋本悦代

北九州出身。 第14回 小学館おひさま絵本コンクール『おにたくん やまのぼりだよ』(作・絵)で 最優秀賞受賞。 小学館の読み聞かせ絵本『おひさま』で『おにたくん クリスマスかいだよ』(作・絵)を担当。『おひさま』付録のおでかけ絵本なども担当する。 表紙イラスト、ポスター、挿絵ほか、福岡子育て支援 絵本・DVDやJA福岡 JA佐賀の食育読み聞かせ絵本冊子も担当する。 etsuyo hashimotoの たねのいろ

最新作品全作品数:13

正岡慧子

正岡慧子(まさおか けいこ) 広島県に生まれる。広告代理店勤務を経て作家となる。専門分野は、絵本・童話・児童書、健康関連の実用書。主な作品は、『かばんの中のかば』(あかね書房)、『きつねのたなばたさま』(世界文化社)、『ぼく、まってるから』(フレーベル館)、『あなぐまのクリーニングやさん』『探偵犬スコットと仲間たち』 (PHP研究所)、『からだの知恵 食のひけつ』(講談社)、『家庭薬膳のススメ』(毎日新聞社)ほか。執筆のかたわら、読み聞かせ講座や高齢者のための読書活動を続けている。現在、一般社団法人 日本児童文芸家協会、(社)日本文藝家協会会員。

最新作品全作品数:7

泉あおり

兵庫県神戸市在住。 ふと子供の本を書こうと思いつき、会社を飛びだしました。 今は時間を見つけては、童話と児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員

最新作品全作品数:17

渡辺真梨子

東京都出身。武蔵野美術大学卒業後、児童書出版と保育用品を扱う会社にて営業事務として勤務しながら絵本制作を続け、2015年6月に退社しイラストレーターとして活動を開始。

最新作品全作品数:2

満月 詩子

(みつき うたこ) 佐賀県生まれ、在住。学校図書館勤務を経て、福祉関係の仕事に就く。現在は、仕事以外に、ボランティア活動なども行いながら、絵本や児童書の創作を続けている。日本児童ペンクラブ、日本児童文芸家協会会員。 2012年、『その先の青空』で、第15回つばさ賞、佳作に入選 おもな著作に、『さよなら、ぼくのひみつ』【『さよなら、ぼくのひみつ』(国土社)に収録】。『たまごになっちゃった?!』【佐賀県DV総合対策センター発行】、『あかいはな」』【『虹の糸でんわ』(銀の鈴社)に収録】などがある。

最新作品全作品数:17

田中てるみ

童話作家。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て創作活動をはじめる。 絵本の作品に『あえたね』『ミチクサ』『よつばののはら』『くものむこうになにがいる?』 (以上アリス館)、『きしゃしっぽ』(ひさかたチャイルド)など。 物語の作品に『うっほほーいの話』(アリス館)がある。

最新作品全作品数:3

田村理江

(たむら りえ)東京都生まれ 成蹊大学文学部日本文学科卒業。日本児童文学者協会第15期文学学校を終了。 第6回福島正実記念SF童話賞を受賞して、『ガールフレンドは宇宙魔女』(岩崎書店)を出版。 児童書の作品に『リトル・ダンサー』(国土社)、『夜の学校』(文研出版)、『魔の森はすぐそこに・・・』(偕成社)など。絵本の作品に『ふなのりたんていラッタさん』(フレーベル館)、『ハンカチのぼうけん』(すずき出版)など。 HP:田村理江のページ

最新作品全作品数:7

真理こまり

岡山市 在住。魔女とハーブと海外自由旅が大好き。 ミニブタのブーブと猫のリーリと同居中。 岡山工業高校デザイン科卒業後 、大阪芸大で版画を専攻。 卒業後ロサンゼルスのレイ・アンダーソン工房へ1年遊学。 建築士、インテリアプランナー、ガーデンプランナーを職としながら、 2005年、まちづくりのNPO法人まちづかい塾を開設。 傍ら、日本児童文芸家協会会員として、詩や童話を描く。 2012年、2014年、岡山市民の童話賞受賞。 2010年コミュニティカフェ「よいまちカフェ」(良い街・宵まち)を開設。 大人向けの絵本でつながるコミュニティカフェ「絵本の納屋」を常設。 現在、サークル絵本塾 主宰。   http://michicafe.net https://www.facebook.com/55naya

最新作品全作品数:2

石田享子(いしだ きょうこ)

大阪府堺市在住。KFSイラストレーション専科・絵本専科 修了。絵本ワークショップあとさき塾生。本屋さんで出会った1冊の写真集とその著者に感銘を受け絵の道を志す。透明水彩独特の透明感と空気感を大切にしながら優しさの中に強さが感じられる絵が描けるようたくさんの経験や観賞を通して感性を磨いていきたいと願っている。これまでに作品展、見本市など多数参加。店内装飾イラスト、商品イラスト、絵本などを制作している。ホームページ: It’s a Water Color

最新作品全作品数:2

竹田えり

作編曲家。元NHK教育テレビ歌のおねえさん・声優。現在は舞台や幼児教育関係の音楽制作や講習会などで全国飛び回っています。 永井寛孝・田中真弓・竹田えりの3人で「おっ、ぺれった」という演劇集団を結成、コメディミュージカル公演をしています。直近は2017年の1月4日から9日まで公演予定です。

最新作品全作品数:2

聖柄さぎり

聖柄(ひじりづか)さぎり 北海道出身。埼玉県在住。イラストレーター(イラスト・素材図案制作)。2003年 KFS受講。2005~2016年 KFSイラストック会員。パースのある建築物・街並み(江戸・昭和・西洋・東洋)を主とし、時代・舞台設定及び小道具選びにより、いのち行き交う温もりある街・空間を創造します。〈使用画材〉童画・絵本作品はガーゼ貼りボードにアクリル絵具。コミック調イラスト・素材はデジタル(Photoshop)にて制作。平面以上に立体が好きで自宅の造作家具をデザイン。自分でも木工模型など作りたいと思案中。KFS絵本グランプリ(創作絵本部門)2012年 松本猛賞。2015年 優秀賞。2016年 優秀賞。

最新作品全作品数:1

陽菜ひよ子

陽菜ひよ子(ひな ひよこ)愛知県清須市出身・名古屋市在住。パレットクラブ10期生。 著書にコミックエッセイ『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)がある。 主な作品に、NHK・Eテレ『すイエんサー」お題イラスト、『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子・著、ぴあ)、『やさしいぬり絵写仏帖』(造事務所・著、ダイヤモンド社)の挿絵・装画等。児童書の挿絵に『きらわれもののパン』(愛知県教育振興会)がある。 北名古屋市生涯学習講座イラスト講師を務める。 銀座・青山・千駄ヶ谷・新宿・池袋などのギャラリーで作品を発表。 色鉛筆や水彩を使ったあたたかく、ほっこりとしてPOPなイラストに定評がある。 ブログ:「ひよこテレビ」

最新作品全作品数:4

高松平藏

(たかまつ へいぞう) ドイツ在住ジャーナリスト。取材分野は文化・芸術、経済、スポーツ、環境問題など多岐にわたるが、いずれも住まいしているエアランゲン市および周辺地域で取材。日独の生活習慣や社会システムの比較をベースに地域社会のビジョンをさぐるような視点で執筆している。一時帰国の際には大学、自治体などを対象に講演活動を行っている。 著書に『エコライフ ドイツと日本どう違う』(化学同人/妻・アンドレアとの共著 2003年)、『ドイツの地方都市はなぜ元気なのか』(学芸出版 2008年)のほかに、市内幼稚園のダンスプロジェクトを1年にわたり撮影した写真集「AUF-TAKT IM TAKT KON-TAKT」(2010年)がある。1969年、奈良県生まれ。 HP;インターローカルジャーナル

最新作品全作品数:6

麻生かづこ

(あそうかづこ) 大阪府生まれ。千葉県育ち、東京都在住。花と絵本を見るのが好き。ボランティアで読み語りをしています。絵本や紙芝居も作りたくて、ただいま修行中。 「ぞうのくしゃみでおおさわぎ」で毎日童話新人賞最優秀賞受賞。主な作品に『あしたははれ曜日!』(第42回緑陰図書)『きいちゃんのおへそ?』(ともに、そうえん社)、『うふふ森のあららちゃん』『天までひびけ! ドンドコ太鼓』(ともに、国土社)、『ハセイルカのハルカが泳いだ日』(佼成出版社)、『亡霊クラブ 怪の教室』シリーズ(ポプラ社)などがある。 日本児童文芸家協会会員、この本だいすきの会会員。

最新作品全作品数:4