WEB版「カフェとお話と本にまつわるクラフト展」(2/2)

文・田村理江   絵・小野寺美樹

名所は、どこに?

作:田村理江

ガイドブックに載るような観光地が近くにないため、カフェ・ペパミント・スプーンにやって来る外国人客は、めったにいません。だから、金髪の、60代くらいのご夫婦が、仲良くお茶を飲んでいるのは、珍しい光景でした。

「ヘイ、マスター!」
旦那さんのピエールさんが、ユナさんを呼び止めました。
「メイショ(名所)、案内してクダサーイ!」
奥さんのマリーさんは、旅の疲れが出て、少し体調を崩し、これからホテルで休むそうです。

他のお客様がいなかったので、
「いいですよ」
ユナさんは、カフェのドアに『ただいま外出中』の札をさげ、ピエールさんと外へ出ました。
けれど、外国のお客様が喜びそうなところなど、すぐには思いつかず、
「ここら辺は、特に見るものもなくて・・・」
ナラ林の先の、湖が見える広場にでも連れて行こうかと歩き出しました。

すると、道の途中で、ピエールさんが立ち止まりました。
「ピンクのハナ、キレイ」
ピエールさんの視線を追うと、小学校の門があり、桜の木が今を盛りに咲いています。
大きなランドセルを背負った、小さな子どもたちが、母親 や父親に手を引かれ、ニコニコ顔で出て来ました。

「あら、今日は入学式みたいですね。のぞいていきましょうか?」
ユナさんが先に立って、門をくぐりました。桜の花びらが舞う校庭で、希望に満ちた新一年生を見たピエールさんは、
「ママンと共に、セレモニーに出た日を、思い出しマス」
と、懐かしそう。
「案内アリガトウ! ココは、とてもココロに残るメイショです!」
ユナさんは、ホテルで休むマリーさんにも、日本の雰囲気を味わってもらおうと、手作りの草もちを届けました。
「オー! ケーキ作りに夢中だった、少女の頃を、思い出しマス」
マリーさんは、ピエールさんと同じ、遠い日を慈しむ目をして、喜んでくれました。
二人は、翌日、国へ帰る前にも、カフェ・ペパミント・スプーンを訪れ、
「日本の、一番のメイショは、ココです!」
と、言ってくれました。

1 / 41234

田村理江 について

(たむら りえ)東京都生まれ 成蹊大学文学部日本文学科卒業。日本児童文学者協会第15期文学学校を終了。 第6回福島正実記念SF童話賞を受賞して、『ガールフレンドは宇宙魔女』(岩崎書店)を出版。 児童書の作品に『リトル・ダンサー』(国土社)、『夜の学校』(文研出版)、『魔の森はすぐそこに・・・』(偕成社)など。絵本の作品に『ふなのりたんていラッタさん』(フレーベル館)、『ハンカチのぼうけん』(すずき出版)など。 HP:田村理江のページ

小野寺美樹 について

(おのでら みき)1995年千葉県生まれ。学習院大学経済学部経済学科を2017年の春卒業して、出版社勤務予定。2012年春から毎年、『BOOK展』(ギャラリーウシン)に絵画作品やポストカードを出品。