WEB版「カフェとお話と本にまつわるクラフト展」(1/2)

文・田村理江   絵・小野寺美樹

2017年4月4日(水)から15日(土)まで川越市にある一軒家ギャラリーウシンの2階を架空のカフェ・オーナー『ユナさん』の店と見立てて、作品を展示いたしました。
この度「新作の嵐」でWEB版として公開させていただきます。


Café PEPPERMINT SPOON

オーナー ユナさんについて

ナラ林の奥に佇む一軒家カフエ『ペパミント・スプーン』を営むのは、髪の長い、たおやかな女性、ユナさん。

3年前までは原宿のアパレルメーカーでデザイナーをやっていました。

40代になったのを機に故郷へ戻り、両親の古い家を譲り受け、カフェをオープン。

澄んだ空や林のざわめきも、ユナさんのお茶を美味しくする大切なエッセンスです。

お店に置かれた椅子やテーブルはユナさんが旅先の家具屋で少しずつ買い揃えていった物。

クロス類は、手作りだそうです。

地図には載っていない小さなお店ですが、今度の休日、訪れて、ゆっくりとティータイムはいかがでしょう?

1 / 512345

田村理江 について

(たむら りえ)東京都生まれ 成蹊大学文学部日本文学科卒業。日本児童文学者協会第15期文学学校を終了。 第6回福島正実記念SF童話賞を受賞して、『ガールフレンドは宇宙魔女』(岩崎書店)を出版。 児童書の作品に『リトル・ダンサー』(国土社)、『夜の学校』(文研出版)、『魔の森はすぐそこに・・・』(偕成社)など。絵本の作品に『ふなのりたんていラッタさん』(フレーベル館)、『ハンカチのぼうけん』(すずき出版)など。 HP:田村理江のページ

小野寺美樹 について

(おのでら みき)1995年千葉県生まれ。学習院大学経済学部経済学科を2017年の春卒業して、出版社勤務予定。2012年春から毎年、『BOOK展』(ギャラリーウシン)に絵画作品やポストカードを出品。