WEB版『BOOK&another story』(2/5)

文・田村理江   絵・小野寺美樹

J.D.サリンジャー 著
ライ麦畑でつかまえて

あらすじ

16歳のコールフィールドは、クリスマス前に成績不振で退学となり、寮を飛び出して、故郷のニューヨークへと向かう。
親や先生といった周りの大人、学校の友だち、ガールフレンドたちにさえ、その一挙一動に欺瞞を感じ、悪態をつかずにはいられない。
信じられるのは、幼くして亡くなった弟のアリーと、まだ小学生の妹フィービーくらいだ。

有り金でホテルに泊まりながら、その日暮らしをしている時、散歩の途中で小さな女の子が『ライ麦畑でつかまえて』を可愛い声で歌っているのを聴き、心を揺さぶられる。
およそ学生らしからぬ毎日を過ごしているうち、真夜中のセントラル・パークで凍えそうになり、死ぬ前に妹に会っておこうという気が起こる。

1 / 512345

田村理江 について

(たむら りえ)東京都生まれ 成蹊大学文学部日本文学科卒業。日本児童文学者協会第15期文学学校を終了。 第6回福島正実記念SF童話賞を受賞して、『ガールフレンドは宇宙魔女』(岩崎書店)を出版。 児童書の作品に『リトル・ダンサー』(国土社)、『夜の学校』(文研出版)、『魔の森はすぐそこに・・・』(偕成社)など。絵本の作品に『ふなのりたんていラッタさん』(フレーベル館)、『ハンカチのぼうけん』(すずき出版)など。 HP:田村理江のページ

小野寺美樹 について

(おのでら みき)1995年千葉県生まれ。学習院大学経済学部経済学科を2017年の春卒業して、出版社勤務予定。2012年春から毎年、『BOOK展』(ギャラリーウシン)に絵画作品やポストカードを出品。