「ナイト列車 ドリーム号」~アーシャの力(6/8)

文・泉あおり  

片桐が、運転席にドンと足を乗っけた。
「忘れ物を拾ったら、すぐに戻ってきて」
「あの、さっきから言ってる、忘れ物って?」
レン子の、はじめての質問だった。
けれど、帽子を深くかぶった片桐は、うんともすんとも言わなかった。
とすぐに、帽子の下から、スース―と寝息が聞こえてきた。

(もう・・・どうすればいいのよぉ)
しかたなくドリーム号を出る。
レン子は雄大な山を見て、あらためて吐息をもらした。
(ヒマラヤ山脈? ・・・アハハ、まさかね)

しかたなく、歩く。
なぜか、レン子は目の前の山が気になっていた。
だから、もくもくと歩いた。
砂利の道は、思いのほか歩きやすかった。
まるで見えない力にでも、導かれているような気分がした。

泉あおり について

兵庫県神戸市在住。 童話とエンタメ系児童小説を書いています。 趣味は妻とのさんぽ。とくに山から神戸の景色を見るのが大好きです。 日本児童文芸家協会 研究会員