もらった子ネコ、返します(2/10)

文・中村文人  

夜おそくにパパが帰ってきた。
ところが。
「アスカ~~、ごめんな~、のまされちゃって~」
おさけくさいパパは、そのままソファーでねむってしまった。
「パパ、ひどい」
アスカちゃんはなきたくなるのをがまんして、ベッドに入った。

つぎの日の朝。
「アスカ、きのうはごめんな。今日は早く帰れそうだから、どこかへごはん食べにいこう」
「ほんと?!」
「やくそくする。7時には帰るから。じゃあ、かぎをちゃんとしめてね。じゃあ」
パパはバタバタと行ってしまった。
(今夜こそパパに、子ネコのことを話せる!)
アスカちゃんはポスターをまたひらいてながめた。