ハトのオイボレ、最後の冒険(2/8)

文・伊藤由美   絵・伊藤 耀

「ぼくの先ぱいネコ、ジャンが、去年の夏、死んだ時には、ヨハンソンさんはいっぱい泣いて、それから、動物のおそう式屋さんにたのんで、おそう式をしてもらっていたよ。人間世界のどこかには動物のお墓があって、ジャンはそこに入ったらしい。今でも、ジャンの写真がカップボードの上にかざってあるよ。ヨハンソンさん、ときどき、お花をあげてる」
「お墓ねえ・・・。あんたもお墓に入りたいのかい?」
「ぼくは、そういう時が来たら、そっと、家をぬけ出すことにしているの。ヨハンソンさんには悪いけど」
「それはまた、どうして?」
「あのね」
ネコは、クスリっと、笑いました。

「ぼくは、9回、生まれ変われるんだよ」
「へえ!」
ハトは、豆鉄っぽうを食らったような顔になりました。
「じゃあ、あんたは、もう、何回か、生まれ変わっているのかい?」
「うん。これで4回目」
「ほんとかい! で、前のことは・・・?」
「もちろん、覚えているよ」
ネコはにやにや。

「ヨハンソンさんに飼われる前は、アメリカにいたよ。バッファローを狩るたくましい人間たちの村にいたんだ。自然の中で、好き勝手に飛びはねていたんだよ。ピューマやオオカミに出くわして、危険もいっぱいだったけど、楽しかったな。
その前は中国にいてね。穀物倉をねぐらに、片っぱしからネズミを取って食べていた。ときどき、おいしい魚を、倉の持ち主のおじいさんにもらったりしてね。あの人生も悪くなかったかな。
何よりすごかったのは、最初に生まれた時だよ。ぼく、エジプトの神殿(しんでん)にいたの。エジプトの人々は、ネコを神様として尊っていたから、ぼくはとても大切にされてね。召使いが3人がかりで、ぼくの世話をやいていたよ。神殿の窓からは、真っ白にかがやいて、ピラミッドが見えていた。最高の食事に、ふかふかのねどこ。ルビーとラピスラズリの首かざりをして、黄金のいすにすわると、人間たちはひれふして、祈ったものだよ。でも、1年、生きたところで、ミイラにされちゃったの」
「ミ、ミイラ・・・!?」
「うん。乾物(ひもの)にされ、包帯でぐるぐる巻」
「ひえー!」
ハトは豆鉄っぽうを3つぐらいも食らいましたが、ネコの方はすずしい顔です。

伊藤由美 について

宮城県石巻市生まれ。福井県福井市在住。 『指輪物語』大好きのトールキアン。その上にトレッキー(「スター・トレック」ファン)でシャーロキアン(「シャーロック・ホームズ」ファン)と、世界3大オタクをカバーしている。

伊藤耀 について

(いとう ひかる)1992年福井県福井市生まれ。仁愛大学人間学部心理学科卒。いつもはウサギばかり描いているが、ときどき、母親の童話に挿絵を描いている。福井市在住。創作工房伽藍で勉強中。