WEB版 Sweet Harmony展(2/3)

文・田村理江   絵・小野寺美樹

霧の深い朝だった。遠い地域の知らない道を、寝ぼけた頭で運転していた。
「ありゃ、カーナビが壊れた。スマホも圏外か」
間が悪い。道は上り坂で、だんだん狭くなってくる。
「夜みたいだな」
霧が、光も風景も覆い、ほんの少し先さえ見難くなっていた。あたりに他の車の気配もない。

「ちっ、まったく」
ケイトは車から降りて、懐中電灯を片手に歩き出した。ほおずき坂の看板が現れ、ほどなく、やわらかな灯り。
「家がある。甘い香りがする」
引き寄せられた家は、夢のような『お菓子の家』だった。色とりどりのマカロンで出来ている。

「いらっしゃい」
ほがらかな若い女性が出てきて、ケイトを招き入れた。立往生していることを伝えると、
「すぐに晴れますから。待つ間、退屈でしょうから、マカロンの作り方でも伝授しましょうか。私、得意なんですよ」

成り行きでマカロン作りを習った。出来たマカロンは、今まで食べたどのお菓子よりも美味しかった。ケイトは作り方をしっかり頭に刻んだ。外はもう、晴れてきた。

田村理江 について

(たむら りえ)東京都生まれ 成蹊大学文学部日本文学科卒業。日本児童文学者協会第15期文学学校を終了。 第6回福島正実記念SF童話賞を受賞して、『ガールフレンドは宇宙魔女』(岩崎書店)を出版。 児童書の作品に『リトル・ダンサー』(国土社)、『夜の学校』(文研出版)、『魔の森はすぐそこに・・・』(偕成社)など。絵本の作品に『ふなのりたんていラッタさん』(フレーベル館)、『ハンカチのぼうけん』(すずき出版)など。 HP:田村理江のページ

小野寺美樹 について

(おのでら みき)1995年千葉県生まれ。学習院大学経済学部経済学科を2017年の春卒業して、出版社勤務予定。2012年春から毎年、『BOOK展』(ギャラリーウシン)に絵画作品やポストカードを出品。