絵本動画 『おへそはなにしてる?』

このストーリーのアイデアは今から約5年前に浮かんだものでした。
人間の器官を擬人化し、かわいらしく描きました。
それらをおへそと対比しながら人体の働きについても説明しています。

おへそは胎内にある時は母親と子を繋ぐ重要な器官として働いていましたが、産後はその役目を終えています。
でも、そこにあるということが母親と子どもが繋がっていた証、誰もが母親から生まれてきたということを示す大事な役目を果たしていると思いました。

何かをしてるから、何かができるから存在としての価値があるのではなくて、「存在そのものに価値がある」ということを伝えたいと思い、この絵本を創作しました。
子どもだけでなく大人にも何か伝わるものがあれば幸いです。

えもりななさんの作品はこちらから購入もできます→新作の嵐ストア えもりなな

えもり なな について

江森 奈々(えもり なな)1985年神奈川県生まれ。京都府在住。イラストレーター、アーティスト、サウンドヒーリングアーティスト、ヴィーガンレシピvcook認定シェフ、モデル。現在、保育士をしながら作家・絵本作家として活動中。テーマは「自分を愛する」「自分らしく生きる」「自己肯定感を高める」。 パレットクラブスクール19期絵本コース卒業。トムズボックス2019冬季ワークショップ修了。 『絵本作家になるには、絵が描けないと無理ですか』(CATパブリッシング)の挿絵を一部担当。 ●YouTube:【7's BOOKSHELF】 ●Ameba blog:【7's Diary 自分らしく生きて人生を楽しもう☆】 ●Instagram:【nana_museum】