がめ島うらしま館(8/14)

文・伊藤由美   絵・伊藤耀

その時です。
「おまえなんかに負けるかよ!」
大介がふり返って、竜の顔めがけ、つるぎをつき出しました。

グワアー!
つるぎは、みごと、竜のほほをつらぬいたので、竜は水中をのたうちました。
すると、ここぞとばかりに、追いかけてきた人魚たちが、竜の顔と言わず、体と言わず、しがみつき、かみつきました。

そのすきに、大介は、「えい!」っと、水晶玉で水そうのガラスを打ちました。
ガラスは、バリっと、割れ、大介を、どっと、水そうからはき出し、見る間に元通りになりました。

後には海パンすがたにもどった大介が残されました。
竜の玉もアクアスーツも、あとかたもなく消えています。おまけに、大介のサンダルも。

「助かった!」
大介は、パチパチはねている魚たちのそばに大の字にのびて、息をきらしていました。
一方、美里は、ピラニアのような人魚たちに水底に引きずられていく竜を、こわごわ、見送りました。

伊藤由美 について

宮城県石巻市生まれ。福井県福井市在住。 『指輪物語』大好きのトールキアン。その上にトレッキー(「スター・トレック」ファン)でシャーロキアン(「シャーロック・ホームズ」ファン)と、世界3大オタクをカバーしている。

伊藤耀 について

(いとう ひかる)1992年福井県福井市生まれ。仁愛大学人間学部心理学科卒。いつもはウサギばかり描いているが、ときどき、母親の童話に挿絵を描いている。福井市在住。創作工房伽藍で勉強中。