がめ島うらしま館(3/14)

文・伊藤由美   絵・伊藤燿

「こうしてな」
と、大介がそれを岩の間にたらすと、間もなく・・・。
「かかった!」
大介が糸を引き上げると、その先に、するめをはさみでつかんだまま、カニが、ぶらんと、ぶら下がっていました。

「わあ!」
美里も新一も、さっそく、大介にならって、カニつりをし始めました。
取れること、取れること。
「カニってばかだね」
「うん、大ばかなんだ」
バケツはすぐにいっぱいになりました。
「これ、食べられる?」
「食べない」
ともあれ、楽しいのでした。

しばらくして、「ああ、もう、バケツに入らないから止めよう」と大介。
「じゃ、浜にもどる?」
大介は、ちょっと、考えて、
「島、見てみる? かめの形の島」
と、聞きました。
面白そうでした。

3人はカニが、ガサガサ、言っているバケツをその場に残し、突堤(とってい)をもどって、海水浴場とは反対側のいそに下りました。
イソギンチャクがゆれている潮だまりを、パチャパチャ、わたると、すばしこい小魚たちがおどろいてにげていきます。
3人はがけ下の道に出ました。
道は、ときどき切り通しやトンネルに出会いながら、うねうねと続き、小さな村の船着き場に通じていました。
コンクリートで固められた波打ち際に、小船が並んでいます。

伊藤由美 について

宮城県石巻市生まれ。福井県福井市在住。 『指輪物語』大好きのトールキアン。その上にトレッキー(「スター・トレック」ファン)でシャーロキアン(「シャーロック・ホームズ」ファン)と、世界3大オタクをカバーしている。

伊藤耀 について

(いとう ひかる)1992年福井県福井市生まれ。仁愛大学人間学部心理学科卒。いつもはウサギばかり描いているが、ときどき、母親の童話に挿絵を描いている。福井市在住。創作工房伽藍で勉強中。