エルとくるみとソラ(1/7)

文・七ツ樹七香  

「はい。お力になれなくてもうしわけありませんが――」
電話がおわりになりかけたところで、くるみは部屋を飛び出した。
おどろくお父さんの手からスマートフォンをうばい取り、電話口で早口に言う。
「いえ、うちの子にします。お父さんが大事にするからだいじょうぶです」
それだけを言うと、くるみは「ハイ」とお父さんに電話を返した。そしてスタスタと部屋にもどると、むずかしい顔をしたまま、また絵をかき始めた。

「え? あ、浅田さん。す、すいません。ちょっといま――、また電話します」
あわてたお父さんは電話を切り、もう一度くるみの部屋にいきおいよく飛びこんできた。
「おい、くるみ。どういうことだっ」
「お父さんとお母さんがお世話するならいいんじゃない。わたしはお手伝いしないし、好きになんかならないけど、別に犬が家にいるぐらいならわたしだって平気だもん」
「くるみ・・・、いや、お母さんにもう一度相談してくるよ」

お父さんは、くるみになにか言いたそうにしていたが、こまり顔のままお母さんのいるリビングに向かった。
お父さんがいなくなると、くるみはこわい顔をやめて大きなためいきをついた。
仲良くしなかったら、きっと好きにはならないに決まってる。
くるみの胸は、ふくざつにドキドキしていた。

七ツ樹七香 について

(ななつきななか)熊本県在住 会社員勤務を経てフリーライター・(アマチュア)作家 新紀元社WEBサイト パンタポルタで記事・コラムを執筆するかたわら、WEBで小説を発表。公募活動にも力を入れる。『ピイのとんだ空』で日本動物児童文学賞 優秀賞。熊本県民文芸賞では小説部門を二年連続受賞。本賞で2019年に第1席を獲得した『ラスト・オテモヤン』は熊本日日新聞に全10回連載され好評を博す。本作は作品集収録とともに朗読CD化、熊本県内数カ所の図書館で視聴可能。 ほか、西の正倉院 みさと文学賞 佳作、集英社WEBマガジンコバルト がんばるorがんばらない女性小説賞 大賞など。 児童文学から一般文芸まではば広く手がけている。動物が大好き。犬と小鳥と暮らしている。著書を持つのが夢。